留学のホンネ(教員 x 在学生対談)

留学を終えて帰国した学生はキラキラ眩しくて、自信に満ち溢れています。
その背景には、留学中に起こったトラブルや心細い気持ちを乗り越えた経験があるようです。
一体、どんな留学生活を送っていたのでしょう。ホンネで語り合ってもらいました。

留学先:アメリカ
現代英語学科 4年
齋藤 菜央さん
留学先で授業についていけるか心配でした。でも、日々の予習復習と、ネイティブスピーカーに囲まれる環境のおかげで、いつの間にか心配は消えていました。
留学先:フランス
国際コミュニケーション学科 4年
森 双葉さん
異国での生活は不安なことだらけ。ですが嬉しいことが倍で返ってきます。人としても大きく成長したいなら、ぜひ留学にチャレンジしてください!
留学先:韓国
国際コミュニケーション学科 4年
古田 万里江さん
長崎外大は留学の事前説明も細かく、留学支援も充実しています。また先生方は親しみやすく、相談しやすいのが特徴。留学生活を楽しんでください。
留学アドバイザー
国際コミュニケーション学科
フランス語専修
冨田 高嗣
留学を成功に導く秘訣は恥ずかしがらないこと、言葉や文化への壁を取り払い、積極的に発言することです。待っているだけでは何もはじまりません。

留学で痛感!?「備えあれば憂い無し!」

[冨田]今回は「いずれ留学をしたい」と考えている高校生の方々に向けて、実際に留学をした3人から、リアルな留学事情のホンネを、包み隠さず自分の言葉で語ってもらおうと思います。では早速ですが、留学中に困ったことや不安だったことについて正直に聞かせて。

[森]そうですね。留学前に先輩や先生から「クレジットカードを複数作って持っていきなさい」と言われたんです。でも「1枚でなんとかなるでしょ」って軽く考えていて…。実際、フランス留学中に私のカードが使えなくなってしまって、困りましたね…。ホームステイ先にもご迷惑をおかけしました。

[古田]わかる!私も留学前にもらったアドバイスが、現地に行ってはじめて「こういうことだったのね」って痛感したことがありました。留学生は健康保険の加入が絶対なんです。でも内心「いやいや若いし、関係ないでしょ」なんて思っていました。ところが留学先の韓国で、突然じん麻疹が出て、小さな病院では対応ができず、総合病院で精密検査をすることになったんです。結果、支払いは10万円以上。渡航前に保険に入っていなかったら、どうなっていたことか。

[齋藤]私の場合は『両親が不安だった話』ですが、ちょうど留学中に、アメリカで発砲事件やテロが起こってしまいました。両親は私が巻き込まれてないか、すっごく心配していたみたいで。

[冨田]長崎外大としては各国の領事館や大使館、留学先の大学と連携して、みなさんの安全を守れるよう最善を尽くしていますが、100%安全ということはありません。もちろん日本国内に住んでいてもないですからね。海外ともなると、それはそれは心配だったのでしょう。

[齋藤]そうですね。私は現地の友人や長崎外大の先生方から「あの街の情勢が悪化している」とか、「あそこには近づかないほうが良い」といった情報を常にもらえていたので、危険から遠ざかる癖がつきました。最終的には自分の身は自分で守るのが一番です。日本ではそういう力が育ちにくいので、留学で成長できたことのひとつです。

自分自身に向き合い、夢が明確に!

[冨田]良いキーワードが出たので、続いては『留学を経験して成長したこと』を教えてほしいな。語学力という部分が大きいだろうけれど、それ以外で聞かせてください。

[古田]じゃあ私から。留学前は韓国の人って、みなさん気が強そうで、もしかしたら怖い?って印象がありました。ところが、実は内気で人見知りな人も多いんですよ。日本人とそっくり。何事も偏見や決めつけは良くないこと、そして自分の目や耳で事実を知る大切さを学びました。また、イメージ通りだったのが、みなさん挑戦する勇気があること。私は超がつくほど心配症で、大事なときに物怖じするタイプだったんです。でもそんな私に「ネガティブになっちゃだめだよ、挑戦しなきゃ!」って、現地の友人がいつも背中を押してくれました。おかげで今では「なんとかなる」って、どんなことでも前向きに挑戦できるようになったんです!

[齋藤]私もアメリカの人たちに影響を受けました。イベントの準備など、集団で何かを決める際に、彼らは自分の意見をはっきりと言うんです。なぜそう思うのかという理由までしっかり。意見を発信できない人は、自分の意としていない状況に巻き込まれてしまいます。そんな状況に毎日身を置いていたので、帰国後は家族や友人から「なんだかしっかりしてきたね」と言ってもらえることが多いです。

[森]フランス人は主張が強いというか、ちょっと横暴に見えてしまうところがあります。でも実は裏表がないだけ。留学前の私は気持ちと言葉が食い違っていることが多く、ストレスを感じることも多かったのですが、今では自分に正直になれました。フランスで影響を受けたのだと思います。アルバイト先でも変わったねって言われました。

[冨田]心の成長はこれからの社会人生活や、就職活動で存分に生かせそうだね。では最後に、留学を通して、今後の目標に変化はあったかな?

[齋藤]私はずっとグランドスタッフになることが夢でした。そして漠然と「海外の航空会社で働けたらかっこいいな」なんて思っていましたが、留学の際に何度も飛行機を利用して、思っていた以上に日本の航空会社や空港のサービスというか、おもてなしが心地よくて。だから今は留学で培った語学力を生かして、日本の航空業界で、海外のお客様を相手に仕事がしたいと考えています。

[森]私はちょっと違って、フランスの航空会社で働きたい。でも、現地で「日本人の採用は難しいかも」という噂を聞いたんです。でも諦めませんよ。留学を経て、ますますフランスの魅力を知ってしまったので、遠回りになっても、いつか夢を叶えます!

[古田]私は変わらず、日本語教師になりたいです。留学をしたことで韓国の人が間違えやすい日本語を知りました。また、韓国語で韓国人に日本語を教える難しさも経験できました。だからそういった部分に配慮しながらもっともっと語学力を磨いて、美しい日本語を教えられる教師になると決めました。

[冨田]みなさん、留学前よりも本当にしっかりと自分の考えを語れるようになりましたね。教師としてこんなに嬉しいことはありません。今日はありがとうございました。


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。