韓国語専修

日本から最も近い国、韓国。
高度な韓国語運用力を習得し、日韓の架け橋へ。

韓国語専修の特色

共通の歴史をたくさん持つ日本と韓国は、これまでよく「近くて遠い国」と言われてきました。しかし、今や韓国ドラマやK-POPの影響もあって、市民レベルの交流も大変盛んになっています。今こそ、両国の相互発展のために、最も近い両国関係を築いていく時です。真の日韓交流をコーディネートすることのできる人材に必要な、専門性の高い韓国語運用力を習得することができます。

Point 01 ビジネスでも使える高度な韓国語能力の習得
Point 02 韓国の歴史・文化・思想・社会を理解できる人材の育成
Point 03 多くの留学生との日常的な交流で実践的な語学力を身につける
Student’s voice

韓国語を上達させる近道は、自信を持って話すこと。
発音や単語、文法に気をつけながら、自信を持って韓国語を話すようにしています。おかげで先生や留学生から「堂々と話しているね」と褒めてもらう機会が多くなりました。間違いがあっても、先生が優しく訂正してくれるので、積極的に発言しています。

国際コミュニケーション学科韓国語専修2年
宮崎 晴美さん

Teacher’s voice

語学の勉強ではなくコミュニケーションの手段に。
授業ではペアやグループになり、実際にありそうな会話の場面を作って、多様でリアルな会話練習を行っています。また韓国人へのインタビューなど、交流できる課題を通して、自分のレベルの再確認と、応用力を育てています。

国際コミュニケーション学科韓国語専修
金 有善

カリキュラム / 到達目標と各種検定試験

p28-02

授業紹介 「海外留学事前研究」

ビザの取得など、渡航に必要となる書類を揃え、手続きを進めていくことはもちろん、韓国の全般的な事情や話題になっているニュースなどを取り入れ、韓国の文化や歴史についても学んでいきます。また、留学先では日本について自ら紹介する機会もあるため、それに対応できるよう韓国語で日本の歴史や文化を紹介をする練習も行います。留学前の準備を万全に行うことで、韓国留学をスムーズにスタートさせることができます。


MESSAGE

一般常識も身につけて、社会に適応できる人間になりたい。
韓国語専修を選んだのは、流行のK-POPや韓流ドラマの影響で、韓国の文化と韓国語に憧れを抱いたためです。長崎外大に入学した当時は、わからない単語と意味をひたすらノートに書き、何度も発音を繰り返しました。その成果が実った現在では韓国のバラエティ番組やラジオ番組をある程度理解できるまでに成長できたんです。これからは韓国の歴史や社会問題、そして日韓関係などの側面を通じた韓国について学び、本質を見抜く力を磨いていきます。

国際コミュニケーション学科韓国語専修4年
房前 春菜さん


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。