日本語専修(外国人留学生対象)

日本人と共に学ぶことで、実用的な日本語を確実に習得する。

日本語専修の特色

多くの学生が「日本のスペシャリスト」を目指しています。高度な日本語習得のための授業はもちろん、文化、文学、政治、経済といった、日本の背景となる知識を身につけるための多彩な専門科目も用意しています。表面的な日本ではなく、現代社会の実態、日本が抱える課題を知り、解決へと導く力を養っていきます。また、本学には皆さんと同じように、外国語を学ぶ日本人学生がいます。彼らとの交流の中で、自国の言葉や文化を客観的に捉え直し、それを伝える力をぜひ身につけてください。

Point 01:総合的な日本語を学び日本語の達人を目指す
Point 02:日本人との交流で日本を知り自国を客観的に捉え直す
Point 03:日本とつながる夢を叶えるためのキャリア支援

 
Teacher’s voice
一緒に、日本とつながる夢を叶えましょう。

日本語の授業では、自らの言葉(日本語)で考えや思いを伝える練習をしています。その方法はトピックスや課題について発表をしたり、ディスカッションをしたり、作文を書いたりと様々。それによってあらゆる状況で要求される語彙力や表現力を伸ばします。高い日本語運用力を身につければ、課題発見や解決力も身につきます。

国際コミュニケーション学科日本語専修
宮瀬 美紀

Student’s voice
日本で就職するために必要なことはすべて学べます。

中国で日本語を2年間学んだものの、来日直後は日本人と話すのが怖くて、買い物へ行くのにも気が進みませんでした。長崎外大の授業を受けてからは、徐々に自信がついてきて日本人の友人もたくさんできました。日本語はもちろん、日本で就職した際に役立つビジネスマナーも教えてくださった先生に心から感謝しています。

2017年3月卒業  専修言語:日本語
リ  カさん(出身国:中国)

カリキュラム / 到達目標と各種検定試験

p29-02

授業紹介 「総合日本語」

ディスカッションや発表などを多く取り入れた、日本語を「学ぶ」というよりも「使う」ことに重点を置いた実践的な授業です。ディスカッションを通して自分の意見や考えをまとめる活動を行ったり、最新のニュースから世界の文化まで多岐にわたるトピックについて発表する活動などを行います。それらの発表やディスカッションを通して、様々な場面・状況で要求される語彙力を伸ばし、文化背景の異なる話し手とも円滑に意思疎通が図れるコミュニケーション力が身につきます。


MESSAGE

長崎外大は”小さな地球村”と言えるほど、グローバルな環境です。
長崎外大は各国の留学生にとても親切であることを知って進学を決めました。実際に先生やカンバセーションパートナーなど学生同士の関係性には国境がなく、仲が良くも刺激し合える関係を築けています。基礎演習の授業では、日本語でプレゼンテーションを行うことがあり、聞いてくれた学生から大きな拍手をもらうことができました。長崎にきてまだ1年ですが、最近では眠っているときの夢を日本語で見るようになりました。さらにアルバイト先では「どこの国の出身ですか?」ではなく、「日本のどこの出身ですか?」と聞かれるくらい日本語力が身につきました。

国際コミュニケーション学科日本語専修4年
イ  ジェフンさん
(出身国:韓国)


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。