日本語専修(外国人留学生対象)

日本人と共に学ぶことで、実用的な日本語を確実に習得する。

日本語専修の特色

多くの学生が「日本のスペシャリスト」を目指しています。高度な日本語習得のための授業はもちろん、文化、文学、政治、経済といった、日本の背景となる知識を身につけるための多彩な専門科目も用意しています。表面的な日本ではなく、現代社会の実態、日本が抱える課題を知り、解決へと導く力を養っていきます。また、本学には皆さんと同じように、外国語を学ぶ日本人学生がいます。彼らとの交流の中で、自国の言葉や文化を客観的に捉え直し、それを伝える力をぜひ身につけてください。

Teacher’s voice

なによりも大切なのは「生の言葉」に触れること。
机に座ってどんなにたくさん勉強しても、「生の言葉」に勝るものはありません。授業では、失敗を恐れず堂々と発言できるような環境作りを大切にしています。それが語学習得への近道です。

国際コミュニケーション学科日本語専修
安田 眞由美

Student’s voice

実践の機会を増やすことで実用的な日本語をマスター!
以前は人前で発表する際に台本を用意していましたが、発言する機会を増やす努力をすることで、自分の意思が伝えられるまでに上達しました。将来は日本で韓国語教室を開きたいです。

国際コミュニケーション学科日本語専修4年
アン ヒウンさん
(出身国:韓国)

日本語専修3つの学びPOINT

Point 01 総合的な日本語を学び日本語の達人を目指す
Point 02 日本人との交流で日本を知り自国を客観的に捉え直す
Point 03 日本と繋がる夢を叶えるためのキャリア支援

カリキュラム / 到達目標と各種検定試験

授業紹介 「総合日本語」

ディスカッションや発表などを多く取り入れた、日本語を「学ぶ」というよりも「使う」ことに重点を置いた実践的な授業です。ディスカッションを通して自分の意見や考えをまとめる活動を行ったり、最新のニュースから世界の文化まで多岐にわたるトピックについて発表する活動などを行います。それらの発表やディスカッションを通して、様々な場面・状況で要求される語彙力を伸ばし、文化背景の異なる話し手とも円滑に意思疎通が図れるコミュニケーション力が身につきます。


MESSAGE

異国情緒あふれる街「長崎」で日本語を学びたいと思い、長崎外大を選びました。授業では実践の機会がたくさんありますし、学内イベントもよく開催されるので日本人だけではなく様々な国の友達ができました。話しているだけでも刺激を受けるので「もっと頑張ろう」という意欲が湧いてきます。先生から「日本語が上手になったね」と言われた時は、確実に語学力がアップしているのがわかって、嬉しかったです。

国際コミュニケーション学科日本語専修 4年
オウ カシュンさん
(出身国:中国)


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。