現代英語学科

世界の最先端情報は英語で発信されている。
世界で活躍するための英語運用能力を鍛えるカリキュラム

英語専修の特色

技能別・レベル別に設定された授業で英語の基礎から固めていきます。そして、ANAから派遣された講師が実践的な授業を展開する「航空/観光ホスピタリティ」や、国際会議の会場で使用される機材を使い、同時通訳の技法などを学ぶ「通訳・翻訳」などの専門教育プログラムで専門的な知識やスキルの習得を目指します。グローバル社会に生きる多様な人々の考えを理解し、その中で主体的に自分の意見を発信する喜びを感じることができるまでの能力向上を目指します。

Point 01:段階的に英語運用能力を伸ばすCORE & ACEプログラム
Point 02:将来の進路に即した専門教育プログラム
Point 03:e-Learningシステムの導入でさらなる語学力の導入をはかる

Teacher’s voice
使える英語を学ぶこと。
そうすればチャンスを掴めます。

暗唱や暗記などの文法ベースの授業だけでは英語のスキルは上達しないため、様々なシチュエーションを想定して、そこで実際に使える文法を身につけてもらう「タスクベース・ティーチング」を実践しています。ますますグローバル化が進む世界の共通言語として、使える英語を勉強すれば、きっと多くのチャンスを掴めるでしょう。

現代英語学科英語専修
ドーソン ルイス

Student’s voice
アットホームな雰囲気なので、不安がすぐに解消されました!

ネイティブの先生による英語の授業は、最初は理解できるか不安でしたが、不明な部分は授業後にも優しく教えてくださいます。授業は少人数制で先生が一人ひとり丁寧に見てくださり、質問もしやすい雰囲気。毎週木曜日には先生や留学生とお昼ご飯を食べるEnglish Lunchもあって、よりリアルな英語に触れる機会があります。

現代英語学科英語専修2年
岐津 真実さん

カリキュラム / 到達目標と各種検定試験

p20-02

授業紹介 「Debate」

この授業では、討論のテーマに沿った資料作成や事前研究を行ったり、相手の弱点を把握し論破するための弁論方法を学んでいきます。そして、討論に向けた準備や本番の中で、リーディング力、リスニング力、プレゼンテーション力はもちろん、相手の意見を聞き要点を書き留め、その意見に対し即座に自分の意見をまとめ反論する力などの応用力を身につけることができます。この授業で総合的な英語を鍛えることは、資格試験合格の早道にもつながります。


MESSAGE

楽しみながら生きた英語を学べるので、高いモチベーションで授業に臨めます。
1〜2年生のときに受けていたListeningの授業では、授業の始めに海外ドラマを観ていました。その中で聞き取った文法や単語を書きとめて少しずつ自分のものにしていきます。そのうちにドラマの内容が理解でき、楽しみながらリスニング力が向上していきました。それ以外で、特に好きな授業は早期英語教授法です。幼児向けの英語学習法を学び、実際に幼稚園で園児に英語を教えます。教えることで、初めて学べることがたくさんありました。「英語が好き」「海外に興味がる」という方は、ぜひ長崎外大へ。毎日質の高い英語に触れられる環境があります。

現代英語学科英語専修4年
浪瀬 美里さん


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。