英語専修

世界の最先端情報は英語で発信されている。
世界で活躍するための英語運用能力を鍛えるカリキュラム

英語専修の特色

技能別・レベル別に設定された授業で英語の基礎から固めていきます。そして、ANAから派遣された講師が実践的な授業を展開する「航空/観光ホスピタリティ」や、英語教員など英語を極め、それを職とするための専門知識を磨く「英語専門職」などの専門教育プログラムで専門的な知識やスキルの習得を目指します。グローバル社会に生きる多様な人々の考えを理解し、その中で主体的に自分の意見を発信する喜びを感じることができるまでの能力向上を目指します。

Point 01 段階的に英語運用能力を伸ばすCORE & ACEプログラム
Point 02 将来の進路に即した専門教育プログラム
Point 03 e-Learningシステムの導入でさらなる語学力の向上を図る
Student’s Voice

学生同士で高め合いながら楽しく授業を受けています。
レベル別にクラスが分かれていて、少人数での授業なのでクラスメイトとはすぐに仲良くなれました。また、先生への質問もしやすい雰囲気。授業では学生同士が英語で話し合う機会が多く、語学力やモチベーションを高め合いながら楽しめています。

現代英語学科英語専修2年
濱端 芹加さん

Teacher’s voice

教科書を飛び出した実践型の英語を体得できます
私の授業の中で特徴的なのは、身の周りの問題を題材として、英語を用いて学生同士で話し合いをさせること。そうすることで、ペーパーテスト用のものではなく、より実践的な英語の使用法に自らで触れることができるのです。

現代英語学科英語専修
ドーソン ルイス

カリキュラム / 到達目標と各種検定試験

p20-02

授業紹介 「Debate」

この授業では、討論のテーマに沿った資料作成や事前研究を行ったり、相手の弱点を把握し論破するための弁論方法を学んでいきます。そして、討論に向けた準備や本番の中で、リーディング力、リスニング力、プレゼンテーション力はもちろん、相手の意見を聞き要点を書き留め、その意見に対し即座に自分の意見をまとめ反論する力などの応用力を身につけることができます。この授業で総合的な英語を鍛えることは、資格試験合格の早道にもつながります。


MESSAGE

ネイティブスピーカーの先生から、教科書にない学びを得られる!
英語で進められる授業も多く、リスニング力が大幅に向上しました。また、ネイティブスピーカーの先生に学ぶことは、発音や表情など、教科書には載っていないたくさんの学びを得ることができます。入学前はツアーコンダクターになるのが夢でしたが、授業や留学生との会話を重ねるごとに「日本語教師になりたい」という気持ちが大きくなり、日本語教員養成課程も履修しています。どちらも英語力は必要不可欠なので、留学も視野に入れて英語の理解を深めたいです。

現代英語学科英語専修2年
小坂元 琉衣さん


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。