中国語専修

会話を中心とした授業で、13億人とのコミュニケーションを叶える。

中国語専修の特色

中国語には、一つひとつの漢字に「声調」と呼ばれる声の高低の決まりがあり、高い・低い・上がる・下がる、といったように声の高さを意識しながら発音します。中国語が、まるで音楽のようにきれいに響くのはそのためです。この特徴に注目し、本学では音楽を用いた授業を取り入れ、体で音を覚えていきます。また、授業ばかりでなくたくさんの留学生との交流を通して、生きた中国語を学ぶこともできます。中国文化が根付く長崎の地で、共に中国語を学びましょう。

Point 01:実践的な授業で高度な会話力を身につける
Point 02:コンテストや検定試験に挑戦し語学力を強化する
Point 03:留学生との交流で国際感覚を磨く

 
Teacher’s voice
中国語を習得すれば、国際感覚が磨かれます。

週の前半は文法・講読・作文を集中的に学んでもらい、その学びを生かして、後半は会話を主体とした授業を展開しています。授業中は私から学生にたくさんの質問をします。一般的な講義形式ではなく、単語の発音・漢字の書き方・模擬会話の発表まで、なるべく対話形式にすることで、学生の参加意識と集中力を高めています。

国際コミュニケーション学科中国語専修
郭 楊

Student’s voice
日本語が堪能な先生なので、苦労を感じたことがありません。

ネイティブの先生ですが、先生の日本語力は私たち日本人以上かも。なので私からの質問や、それに対する先生のレスポンスを難しく感じたことは一度もありません。授業で中国のテレビ番組を観ることもあります。内容は中国の文化や歴史。ヒアリング力の向上と同時に、中国のことも学べます。

国際コミュニケーション学科中国語専修2年
三宅 史也さん

カリキュラム / 到達目標と各種検定試験

p26-02

授業紹介 「中国語会話」

この授業の特色は、何といっても、少人数制のクラスならではの指導にあると思います。クラスの学生数が20人以下になっているため、授業中に教員が学生一人ひとりの発音をすぐに直せるだけでなく、学生たちにペアで会話を考えてもらった後に「中国人ならこの場合は◯◯と言います」と本場の中国語をリアルタイムに教えることができます。担当教員が中国人で、しかも少人数制であるがゆえに、直接法による指導で生の中国語や本場中国の発音を即座に吸収できます。


MESSAGE

同じ漢字でも発音が全く違うので、「聞く・話す」ことに注力しました。
漢字を使っている私たち日本人にとって、中国語の講読や文法は比較的簡単に習得することができます。しかし、同じ漢字でも読み方はまったく異なるので、会話でのコミュニケーションは難解。日本語にはない音もたくさんあります。だからこそ、話せるようになってくると中国語会話の授業や、カンバセーションパートナーとの会話がどんどん楽しくなってくるのです。私の故郷沖縄は、デパートや空港、ホテルなどで中国人観光客の方を多く見かけます。長崎外大で中国語を学んだ後は、沖縄に戻って、中国の方を相手に仕事ができればと思っています。

国際コミュニケーション学科中国語専修3年
金城 聖来さん


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。