日本語専修(外国人留学生対象)

日本人と共に学ぶことで、実用的な日本語を確実に習得する。

日本語専修の特色

多くの学生が「日本のスペシャリスト」を目指しています。高度な日本語習得のための授業はもちろん、文化、文学、政治、経済といった、日本の背景となる知識を身につけるための多彩な専門科目も用意しています。表面的な日本ではなく、現代社会の実態、日本が抱える課題を知り、解決へと導く力を養っていきます。また、本学には皆さんと同じように、外国語を学ぶ日本人学生がいます。彼らとの交流の中で、自国の言葉や文化を客観的に捉え直し、それを伝える力をぜひ身につけてください。

Point 01 総合的な日本語を学び日本語の達人を目指す
Point 02 日本人との交流で日本を知り自国を客観的に捉え直す
Point 03 日本と繋がる夢を叶えるためのキャリア支援
Teacher’s voice

インプットとアウトプットで、実践的な日本語を学びます。
日本語をインプットし、日本人との会話でアウトプットをする場を授業で提供しています。また上級の授業では、テーマや議題について日本語で考え、発表することに重点を置いています。

国際コミュニケーション学科日本語専修
安田 眞由美

Student’s voice

中国で聞いていた以上に、長崎外大は素晴らしい環境。
留学前に中国の高校で、先生から「長崎外大は素晴らしいところだ」と聞いていましたが、想像以上でした。授業も面白いし、先生は私がわかるまで丁寧に何度も教えてくれます。寮もとても快適です。

国際コミュニケーション学科日本語専修 4年
シュ イッテキさん(出身国:中国)

カリキュラム / 到達目標と各種検定試験

授業紹介 「総合日本語」

ディスカッションや発表などを多く取り入れた、日本語を「学ぶ」というよりも「使う」ことに重点を置いた実践的な授業です。ディスカッションを通して自分の意見や考えをまとめる活動を行ったり、最新のニュースから世界の文化まで多岐にわたるトピックについて発表する活動などを行います。それらの発表やディスカッションを通して、様々な場面・状況で要求される語彙力を伸ばし、文化背景の異なる話し手とも円滑に意思疎通が図れるコミュニケーション力が身につきます。


MESSAGE

日本だからこそ学べることがたくさんある。毎日を楽しみながら成長できています。
韓国にいてもカルチャースクールなどで日本語を学ぶことはできますが、私は日本に行って、実際に日本の文化を感じながら、日本人の考え方や、繊細な発音など、現地でしか学べないことをたくさん経験したいと考え、長崎外大に入学しました。長崎外大での日々を一言で表現するなら「Play」です。日本の学生にインタビューをしたり、発表やディスカッション、イベントの機会も多く、本当に毎日遊ぶように楽しみながら語学力が身についていきます。

国際コミュニケーション学科日本語専修 2年
キム ヒソンさん
(出身国:韓国)


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。