中国語専修

会話を中心とした授業で、13億人とのコミュニケーションを叶える。

中国語専修の特色

中国語には、1つひとつの漢字に「声調」と呼ばれる声の高低の決まりがあり、高い・低い・上がる・下がる、といったように声の高さを意識しながら発音します。中国語が、まるで音楽のようにきれいに響くのはそのためです。この特徴に注目し、本学では音楽を用いた授業を取り入れ、体で音を覚えていきます。また、授業ばかりでなくたくさんの留学生との交流を通して、生きた中国語を学ぶこともできます。中国文化が根付く長崎の地で、ともに中国語を学びましょう。

Point 01 実践的な授業で高度な会話力を身につける
Point 02 コンテストや検定試験に挑戦し語学力を強化する
Point 03 留学生との交流で国際感覚を磨く
Student’s voice

生きた中国語を聞けるので、微妙な発音まで学べます。
授業では声に出しながら学ぶことも多く、中国語の微妙な発音に気づけます。また少人数クラスなので、学生と先生がとにかく仲が良いことが特徴です。

国際コミュニケーション学科中国語専修 2年
中島 七海さん

Teacher’s voice

中国語と日本語は似た構造が多く、学びやすい特徴があります。
日本語と英語を学んだだけでは、異文化理解力が高いとは言えません。中国語などの第三の言語や文化を学ぶことで「日本の裏が外国」という誤解から抜け出せるでしょう。

国際コミュニケーション学科中国語専修
野田 雄史

カリキュラム / 到達目標と各種検定試験

授業紹介 「中国語会話」

この授業の特色は、何といっても、少人数制のクラスならではの指導にあると思います。クラスの学生数が20人以下になっているため、授業中に教員が学生1人ひとりの発音をすぐに直せるだけでなく、学生たちにペアで会話を考えてもらった後に「中国人ならこの場合は◯◯と言います」と本場の中国語をリアルタイムに教えることができます。担当教員が中国人で、しかも少人数制であるがゆえに、直接法による指導で生の中国語や本場中国の発音を即座に吸収できます。


MESSAGE

発音の難しい中国語だからこそ、積極的に話す機会を自分で作っています。
中国語は発音が難しいのですが、先生や留学生と積極的に交流することでだんだん慣れてきました。これからの社会、特に観光業界では、今後ますます中国語の需要は増していくでしょう。私は将来地元の沖縄に戻って、中国と沖縄の架け橋になれるような接客の仕事に就きたいと思っています。その時に中国語を慌てずに使いこなし、丁寧な接客ができるよう、日々頑張っています。

国際コミュニケーション学科中国語専修 2年
宮里 怜美さん


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。