学生教育研究災害傷害保険

講義、実験実習、演習または実技による授業を受けている間に傷害や事故が発生した場合、学生に保険金が支払われる制度です。大学卒業までの4年間契約をしています。全学生に”しおり”を配付していますので参照してください。

保険金が支払われる事故

  1. 正課の授業を受けている間
  2. 学校行事に参加している間
  3. 1.2.以外で学校施設内にいる間
  4. 学校施設外で大学に届け出た課外活動を行っている間
  5. 通学中
  6. 学校施設等相互間の移動中

保険金が支払われない事故

  1. 被保険者の故意、自殺行為、犯罪行為、病気
  2. 危険度の高い運動(山岳登はん、ハングライダー搭乗等)
  3. 大学が禁じた行為を行っている間

保険金の種類と金額

正課中・学校行事中 課外活動中 通学中・学校施設等
相互間の移動中
死亡 2,000万円 1,000万円 1,000万円
後遺障害 傷害の程度に応じて
120万~3,000万円
傷害の程度に応じて
60万~1,500万円
傷害の程度に応じて
60万~1,500万円
医療 3,000円~30万円
治療日数1日以上
3万~30万円
治療日数14日以上
6,000円~30万円
治療日数4日以上
入院(日額) 4,000円 4,000円 4,000円

事故発生から保険金が支払われるまで

事故発生 1 すぐに大学の相談窓口(学生支援課)へ事故の報告。
事故通知ハガキを学生支援課で受け取り、東京海上日動火災へ事故報告。
↓ ↓ ↓
治癒したら 2 保険金請求手続(書類の作成)
大学窓口で保険金請求書類の用紙をもらって、東京海上日動火災へ送付
1)各種証明印をとりつけ、請求書に必要事項を記入
2)医師の診断書(または治療状況申告書)
↓ ↓ ↓
保険会社手続期間(本人や大学・医師などへ照会や連絡)
↓ ↓ ↓
3 保険金の受領(口座振込)

「学研災付帯学生生活総合保険」について(案内)

学生教育研究災害傷害保険(略称:学研災)の補償範囲は、通学中や学内での活動および学外での課外活動等に限られますが、より一層の保障制度の充実を図るために、学研災に追加して「疾病・賠償責任・救援者費用」等、その他追加補償のオプションを選択できる任意加入の学研災付帯学生生活総合保険(略称:学研災付帯学総)があります。4年間の保険料は35,310~80,310円です。詳しくは学生支援課にてパンフレットを配付しております。


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。