授業について

授業形態

  • 通常の授業……毎週行う授業(ほとんどの授業科目がこの形で行われます。)
  • 集中講義……春学期または秋学期の一定期問にまとめて行う授業
  • 海外セミナー……毎週行う授業に約1ヶ月間の海外研修が組み合わされます。
  • プロジェクトおよび卒業研究……1年間を通して行われます。

(1)上記の授業形態は授業時間割表で表示します。また集中講義については、年度毎に科目を指定し、実施日程は履修届提出の前に発表します。

(2)授業回数が標準より少ない場合には補講が行われます。補講は通常講義期間中に行う場合と土曜日等の休日に行う場合があります。日程はそのつど掲示によって通知します。

(3)同一科目で複数開講のものには、学年別または学籍番号により受講クラスを指定する場合があるので「授業時間割表」で確認してください。

授業時間

授業時間は1時限90分問で、時間帯は次の通りです。
1時限   9:00~10:30
2時限 10:40~12:10
3時限 13:10~14:40
4時限 14:50~16:20
5時限 16:30~18:00

授業時間割

授業時間割表は、オリエンテーションの際に配布します。
多少変更する場合がありますので、掲示に注意してください。

休講・補講

(1)休講等
①休講、授業時間及び授業場所の変更は、掲示板に掲示します。
②休講の掲示がないにもかかわらず、講義開始から30分を過ぎても授業が開始されない場合は、休講の取り扱いとします。

(2)補講
補講が行われる場合には、掲示等により連絡しますので、日時・教室などをよく確かめて授業に出席してください。

授業欠席届

やむを得ない事情で授業などを欠席した場合には、欠席時より10日以内にその理由を証明する書類を添えて、学生支援室に欠席届を提出してください。その際に必要な証明書は以下の通りです。なお、欠席届を提出しても出席扱いになる訳ではありません。担当教員が定期試験の受験資格の有無を判断する資料になります。

(1)忌引……父母、あるいはそれにかわる立場にあるものの証明

(2)病気……病院に行った場合は、病院の領収書や薬袋のコピー、欠席届証明者署名欄への病院の押印等。
医師の診察を受けられなかった場合には、次の場合も認めることがあります。
①自宅通学者……父母の証明
②寮生……アンペロス寮事務局の証明
③一人暮らしの場合はその旨学生係窓口へ申し出てください。
ただし、1週間以上の長期欠席の場合は原則として医師の診断書が必要です。

(3)実習(学校公認行事に参加した場合)……学生部長の証明

(4)就職試験・編入学試験(卒業予定者のみ)……原則として受験先の証明書
※注意就職活動で欠席した場合は、就職活動用の欠席届に記入してください。

(5)公共交通機関の事故……遅延証明書等

(6)その他……責任ある機関または人物による証明

掲示

授業科目の休講、教室の変更、開講時間帯の移動などについては、すべて掲示によって通知します。電話による問い合わせは、学生支援室では一切受け付けません。
試験に関する事柄や学生の呼び出しなども、すべて掲示によって行うので、学生は大学へ出てきた時や授業の合間などには必ず掲示板を見るように心掛けてください。
掲示事項は、全学生に伝達されたものとみなします。掲示の見落としにより重大な不利益が生じた場合でも、責任は学生にあるものとします。


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。