本学独自の奨学金

※ 本学独自の奨学金はすべて返還の必要はありません。

派遣留学奨学金

内容 在学中に留学を希望する学生の中で,学業成績優秀で人物も優れており,留学先において充分な成果をあげることができると思われる学生に対し留学先大学等の授業料相当額を奨学金として授与する制度。
対象学年 2年生・3年生・4年生
募集人員 若干名
選定方法 在学中の成績と面接
募集時期 毎年1月
申込方法 国際交流センター事務室で申請書類を受け取り,必要事項を記入し提出
給付金額 留学先大学等の授業料相当額

勤労奨学金

内容 スチューデント・リーダーズ・プログラム(SLP)に参加する学生の中で条件を満たす学生に月額1万円を授与する制度。
対象学年 全学年
募集人員 20名
選定方法 SLPに参加する学生の保護者の経済状況,本人の学業成績,面接を通して総合的に判断する。保護者の家計基準は主たる家計支持者1名の収入が給与所得者の場合841万円以下,給与所得者以外の場合355万円以下であること。
募集時期 原則として毎年4月,10月。申込締切日等詳細は掲示板で周知する
申込方法 学生支援課にて応募願を受け取り,必要事項を記入して提出
給付金額 月額1万円

スカラシップ入試奨学金

内容 本学のスカラシップ入試の合格者に奨学金を授与する制度。
対象学年 スカラシップ入試で合格し、入学した新入生。
募集人員 10名
選定方法 スカラシップ入試の学力試験の結果により決定
募集時期 するスカラシップ入試出願期間
申込方法 スカラシップ入試に出願
給付金額 上位5名:初年度納入金の授業料および施設設備費相当分
次点5名:初年度納入金の半期分の授業料および施設設備費相当分(納入金減額方式)

特別奨学金(SS-1奨学金)

内容 12月31日までに発表されたAO 入試の合格者および推薦入試の合格者を対象に「長崎外国語大学基本英語構文集」から出題される特別奨学金認定試験においてをし95点以上(満点:100点)を取得した者に25万円および,2年次以降の当該奨学金の受給資格を授与する制度。2年次以降は,1年毎に入学時からの通算成績を審査し次年度の受給有無を決定する。
対象 入学年度の特別奨学金認定試験合格者
募集人員 人数制限なし
選定方法 特別奨学金認定試験の結果により決定
募集時期 12月上旬~1月中旬頃
申込方法 入学試験の合格通知とともに送付される申請用紙を記入し入試広報課へ提出
給付金額 年間25万円,4年間で100万円(1年次は返金方式,2年次以降は納入金減額方式)
2年次以降の給付条件(成績要件)
  1. その学年までに卒業に必要な単位を修業年限で平均した単位数以上を取得し,卒業保留の可能性がないこと。
  2. 認定科目を除いた累積 f-GPA が2.80以上であること。
    ※なお,一度給付条件を満たさなくなった場合でも再度条件を満たせば,その翌年奨学金を受給できるものとする。
  3. この奨学金の受給対象者が留学した場合は,留学中の成績を必要充分に取得し帰国後の面接等によって留学時における学習成果を認められれば引続き受給できるものとする。また,当該年次のいずれかの学期について本学での成績が確認できる場合には上記1.2.の成績要件を満たすことを条件に加える。連続して1年を超える留学をした者については受給資格はないものとする。

特別奨学金(SS-2奨学金)

内容 12月31日までに発表されたAO 入試の合格者および推薦入試合格者で,本学が経済上受給資格を有すると認める者(家計基準の目安は,世帯人数が4人以下の場合,給与所得の場合,年収が1,344万円以下。給与所得以外は,所得金額が809万円以下。世帯人数が5人以上の場合,給与所得は年収1,544万円以下,給与所得以外は1,019万円以下とする。)で,「長崎外国語大学基本英語構文集」から出題される特別奨学金認定試験において85点以上(満点:100点)を取得した者に年間25万円および,2年次以降の当該奨学金の受給資格を授与する制度。2年次以降は,1年毎に入学時からの通算成績を審査し次年度の受給有無を決定する。
対象学年 入学年度の特別奨学金認定試験合格者
募集人員 人数制限なし
選定方法 家計の経済状況と奨学金認定試験の結果により決定
募集時期 各年度12月上旬~1月中旬頃
申込方法 入学試験の合格通知とともに送付される申請用紙と収入基準算定調書を記入し,主たる家計支持者の収入を証明する書類を添付して入試広報課へ提出
給付金額 年間25万円,4年間で100万円(1年次は返金方式,2年次以降は納入金減額方式)
2年次以降の給付条件(成績要件)
  1. その学年までに卒業に必要な単位を修業年限で平均した単位数以上を取得し,卒業保留の可能性がないこと。
  2. 認定科目を除いた累積 f-GPA が2.80以上であること。
    ※なお,一度給付条件を満たさなくなった場合でも再度条件を満たせば,その翌年奨学金を受給できるものとする。
  3. の奨学金の受給対象者が留学した場合は,留学中の成績を必要充分に取得し帰国後の面接等によって留学時における学習成果を認められれば引続き受給できるものとする。また,当該年次のいずれかの学期について本学での成績が確認できる場合には上記1.2.の成績要件を満たすことを条件に加える。連続して1年を超える留学をした者については受給資格はないものとする。

特別支援奨学金

内容 本学の2年生,3年生および4年生の各年次に所属する学生で,本学が定めた経済的受給基準を満たす者のうち学業成績優秀な各学年5名以内に年間25万円を授与する制度。経済的基準の目安は,世帯人数が4人以下の場合,給与所得の場合,年収が1,344万円以下。給与所得以外は,所得金額が809万円以下。世帯人数が5人以上の場合,給与所得は年収1,544万円以下,給与所得以外は1,019万円以下とする。
対象学年 2年生・3年生・4年生〈奨学金を受給する学年〉
※申込の段階では1年生・2年生・3年生になります。
募集人員 各学年5名
選定方法 家計の経済状況と入学時からの通算成績により決定
募集時期 1月頃
申込方法 申請用紙と収入基準算定調書を記入し,主たる家計支持者の収入を証明する書類を添付して学生支援課へ提出
給付金額 年間25万円(納入金減額方式)
特別支援奨学金を受けるための成績の基準
  1. その学年までに取得すべき標準単位を取得し,卒業保留の可能性がないこと。
  2.  認定科目を除いた累積 f-GPA が2.80以上であること。
  3. 該当者が5名を超える場合は累積f-GPA 上位5名とする。累積 f-GPA が同点であるために5名に限定できない場合には,同点者の中で「秀」の数が多い者を,「秀」の数も同じである場合には「優」の数の多い者を,「優」の数も同じである場合には「良」の数の多い者を,「良」の数も同じである場合には「可」の数の多い者を,「可」の数も同じである場合には,修得済み単位数の多い者を序列上位者として判定する。
  4. 編入生については編入学した次の年次から対象となる。
  5. 在学中半年以上の留学をした者は,留学を経験する年次の次年度について選考の対象外となる。

ファミリー奨学金

内容 本学入学時に本学または長崎外国語短期大学を卒業した者,あるいは本学に在学している者が二親等以内の親族にいる者に対し入学金25万円を授与する制度。
但し,複数名が同時に入学し,かつ入学時に本学の在学者ないし本学または長崎外国語短期大学の卒業者が二親等以内の親族に存在しない場合は,いずれか1名以外を対象とする。また,二親等以内の親族に本学および長崎外国語短期大学に在籍した者があっても中途退学者のみ存在する場合は対象としない。
対象学年 新入生のみ
募集人員 人数制限なし
選定方法 二親等以内の親姻戚関係を証明できる書類の提出を受け,本学にて卒業あるいは在籍の確認をして決定
募集時期 各年度春季入学者は4月1日~4月30日,秋季入学者は9月1日~9月30日
申込方法 申請用紙を学生支援課で受け取り必要事項を記入し,親姻戚関係を証明できる書類(住民票や戸籍抄本)及び長崎外国語大学・短期大学の卒業を証明するものを添えて学生支援課へ提出する
給付金額 入学金相当額25万円(返金方式)

緊急支援特別奨学金

内容 修学の意欲があるにもかかわらず、家計が急変した者で経済的理由により学資の
支弁が困難な者に対し、学資を給付して学業を奨励するために奨学金20万円を
授与する制度。
出願条件として、家計として急変後の家計支持者の給与所得者の年収または
自営業者等その他所得が、日本学生支援機構奨学金の緊急採用における推薦基準
を満たしていること、又は見込まれること、および出願時点において、1学期から
8学期のいずれかに休学することなく在籍しており、出願時点の学期の直前までの
学期数に対して、下記に示す単位数以上を取得していること。
なお、1学期において出願する場合はこの限りではない。
学期数-取得単位数:(1-16/2-31/3-47/4-62/5-78/6-93/7-109)
対象学年 全学年
募集人員 若干名
選定方法 申請書および必要書類の提出を受け、家計急変状況および出願資格等を審議し
決定する。
募集時期 学生に緊急かつ支援の必要が生じた場合に、随時申請を受け付ける。
申込方法 申請用紙を学生支援課で受け取り必要事項を記入し、家計急変前の年収および
急変後の収入を示す書類(所得証明書、源泉徴収票、確定申告書、給与支払
証明書等)、並びに家計急変となった事由を証明できる書類(住民票、罹災
証明書等)を添えて学生支援課へ提出する。
給付金額 20万円(支給方式・原則返金不要)

旅程管理研修奨学金

内容 学校法人長崎学院が旅行業法第12条の11第1項の規定による登録を受けて実施する旅程管理研修を受講し,単位認定された本学学生に対し受講料の一部を奨学金として授与する制度
対象学年 全学年
募集人員 人数制限なし(単位認定された者)
選定方法 旅程管理研修を受講し,単位認定された者
募集時期 4月~3月(研修開講時期による)
申込方法 本学の旅程管理研修機関事務局で受講申し込み
給付金額 基礎研修5,000円,国内旅程管理研修5,000円,総合旅程管理研修10,000円
既に国内旅程管理研修を修了した者の総合旅程管理(国内免除)研修5,000円

 

本学独自の奨学金は併給できないものがありますので注意してください。奨学金併給一覧表で×印の付いているものは併給できません。なお,日本学生支援機構奨学金と本学独自の奨学金はどれも併給できます。また,入学後に日本学生支援機構奨学金への応募を希望している場合,本学独自の奨学金を受け取ることが決定している人は,日本学生支援機構奨学金申込の際の授業料の控除額が減額されますのでご承知おきください。ただし,派遣留学奨学金,勤労奨学金,ファミリー奨学金,旅程管理研修奨学金は除きます。本学独自の奨学金は,選考方法等について変更が生じることもありますのでご了承ください。

奨学金併給一覧表(PDF)


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。