地域で国際交流

学内外で盛んに国際交流のイベントが実施されている長崎外大。
長崎では毎年8月9日に原爆犠牲者の冥福を祈り、核兵器廃絶と恒久平和の実現を世界に訴えるため、
平和祈念式典を開催しています。この式典に通訳者として参加するチャンスがあり、
通訳者としての体験はもちろん、長崎にいながら本格的な異文化交流が叶います。

外国人要人の出迎え、市内観光や式典終了後の見送りなどのアテンドとして、毎年20名ほどの学生を派遣しています。

実際に平和祈念式典に通訳ボランティアとして参加した学生に話を聞きました!

現代英語学科英語専修 4年
園田 紘輝さん
将来の目標は中学校の英語教員になること。自分の実力を知るため、そして、地域に貢献したいという思いからボランティアに参加しました。
Q. 平和祈念式典の通訳としてボランティアに参加した理由は?
「地域に貢献できる活動がしたい」と思っていたので、学内で通訳ボランティアの貼り紙を見つけた時は「これだ!」と思い、参加しました。努力して身につけた語学力を試したかったのも理由のひとつです。
Q. ボランティアに参加して気づいたこと、成長したことは?
私自身、長崎県出身ということもあり、長崎の歴史については詳しいつもりでしたが、もっと深いところまで知りたいという気持ちになりました。そして、長崎の歴史を世界の人に伝えていけるような活動を続けていきたいです。
ボランティアに参加した感想
随行業務を担当した欧州連合駐日大使の方々と意見交換させていただくことができ、短い時間の中でたくさんの知識を得ることができました。私の人生の中でも、最も大きな経験のひとつになりました。

  現代英語学科英語専修 3年
植木 比菜さん
通訳の仕事に興味があったので、実際に体験することができるこの上ない機会だと思い参加しました。また来年も参加したいと思っています!
Q. 平和祈念式典の通訳としてボランティアに参加した理由は?
海外で生活するという夢を叶えるために、別の大学から長崎外大に再入学しました。将来の選択肢のひとつとして「通訳」にも興味があり、参加しました。
Q. ボランティアに参加して気づいたこと、成長したことは?
長崎の歴史や街の情報などを事前に勉強してボランティアに挑んだのですが、その準備がとても役立ちました。「準備すること」の大切さをあらためて実感しました。
ボランティアに参加した感想
ボランティア後、随行させていただいたブラジル駐日大使と名刺交換をしました。その後もやりとりが続いており、英語を学ぶうえでのモチベーションになっています。

現代英語学科英語専修 3年
木下 微那さん
ボランティアを終えてみて思うのは「勇気を出して参加してよかった!」ということ。語学学習へのモチベーションアップに繋がりました。
Q. 平和祈念式典の通訳としてボランティアに参加した理由は?
学内の留学生と交流する機会はあっても、通訳の力を試すチャンスはなかなかありません。こんな機会は滅多にないと思い、チャレンジしてみることにしました。
Q. ボランティアに参加して気づいたこと、成長したことは?
良くも悪くも、自分の実力を知ることができました。同時に、英語で話すことの楽しさも実感。価値観の違う外国の方と交流することで、グッと視野が広がった気がします。
ボランティアに参加した感想
長崎の歴史について振り返るいい機会になりました。また、随行させていただいたメキシコ駐日大使の方々とコミュニケーションをとる時間が多く、原爆に対する思いや願い、日本の文化について様々なことを話すことができました。

 

 

 


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。