留学のホンネ(教員 x 在学生対談)

留学を終えて帰国した学生はキラキラと眩しくて、自信に満ち溢れています。
でも留学前のホンネは、語学力や安全面、金銭面など不安でいっぱいだったそうです。
そんな不安と留学後の変化を語っていただきました。

対談メンバー
留学先:アメリカ
現代英語学科英語専修4年
荒木 佐保里さん
留学をしたら、不安だった気持ちの何倍もの自信と勇気が身につき、素敵な思い出ができました。学生時代という貴重な時に絶対したほうが良いです。
留学先:フランス
国際コミュニケーション学科フランス語専修4年
丹波 妃南子さん
漠然としていた将来像が、留学のおかげである程度はっきりと見えてきました。自分を変えたい、世界感(観)を変えたいと思うのなら、長崎外大で留学するべき!
留学先:韓国
国際コミュニケーション学科韓国語専修4年
立花 瑛菜さん
みんな留学する前は不安で当たり前。でも実際に留学すると、思いっきり海外生活を楽しみながら、どんどん語学力が伸びていきます。就職にも有利ですよ。
留学アドバイザー
国際コミュニケーション学科フランス語専修
冨田 高嗣
留学を成功に導く秘訣は恥ずかしがらないこと、言葉や文化への壁を取り払い、積極的に発言することです。待っているだけでは何もはじまりません。

留学後の今だから話せるかつての不安や疑問。

[冨田]今回はみなさんが留学で経験した良いことも、大変だったことも、いろいろと聞きたいと思います。では早速だけど、留学に際して不安はあったかな?
[丹波]実を言うと、私は当初留学を真剣に捉えていなくて、「みんなが行くから、私も行こうかな」ぐらいの気持ちだったんですよね。だから「現地に行ったらなんとかなるでしょう」と軽く考えていて、留学前日になってもフランス語を勉強しなかったんです。なのに、「本当に勉強してないけれど大丈夫かな?」って、矛盾した不安がずっとつきまとっていました。その状態でフランスに着いたら、想像していたよりもずっと田舎町で、日本人は私だけ。留学スタート1〜2ヵ月は絶望していましたよ。
[荒木]私の場合は逆だったな。留学先が人気のアメリカだったので、英語がほとんど話せなかった私は、日本人ばかりのクラスに入れられたの。相談する相手が身近にいたから、生活面での不安はまったくなかったけれど、日常的に日本語が通じるので「このままじゃダメだ!」って、自分で英語を勉強したり、休日にひとりで旅に出たり、アメリカ人の友人を作るために必死だった。
[丹波]そう思うと、私は日本語が通用しない土地で、必然的にフランス語だけでのコミュニケーションを迫られていたから、気づいたらフランス語が短期間で一気に上達したんですよ。ホームステイ先のご家族からも「上手くなったね!」と褒められるくらいに。生活面での安定を取るか、あえて不便な環境に身をおいて、逆境の中で成長していくか。どちらが良いんでしょうね?
[冨田]それはね、事前の面談で先生が学生1人ひとりの適性を見ているんだよ。丹波さんは、新境地を開拓できる素質があると判断したから、日本人留学生のいない学校を勧めたんだ。荒木さんの場合は、ネバダに行きたいという希望もあったし、それこそ自分の置かれた状況に満足せず、成長できる性格だと判断されたんじゃないかな。
[立花]今ようやくわかった。都会の釜山やソウルを希望していたのに、地下鉄もない不便な場所を勧められたから「何でだろう?」ってずっと疑問だったんですよ。
[冨田]でも結果として、立花さんも良い留学になったでしょう?
[立花]確かに。不便だったからこそ、自分の力でなんとかしなきゃって、留学先の大学で部活に参加したり、自分から話しかけて友人を作ったりして、必死で韓国語を使う機会を増やしましたよ。でもそのおかげで、いつしか韓国映画を字幕なしで見られるくらいに成長しました。ちなみに、入部したバドミントン部では、韓国で試合に参加するほど信頼されたんですよ。物怖じせずにガツガツいける私の性格を、先生は見抜いていたんですね。

留学に不安を感じていたのは、学生の保護者も同じだった。

[丹波]不安という面では、私よりもむしろ両親のほうが大きかったかもしれません。費用のこと、そして1番は安全面。治安のことをずっと気にかけていました。
[冨田]だからこそ事前に保護者説明会を実施しているんだ。金銭面では交換留学生に選ばれれば、留学先での授業料は免除されるし、取得した単位も互換できるから4年間で卒業もできる。安全面は万が一何か起こった場合に、24時間電話で相談できるサポートもあるし、さらには協定校の講師やスタッフが、留学生の安全を第1に考えてくれる。
[立花]私の両親はそれでも金銭面で不安があったようなので、私が日本の生活でかかっていた費用と、先輩にアドバイスをいただいて留学先でかかる費用を算出して、2つを比較して見せたら「ほとんど変わらない!」って驚きながら納得してくれました。
[荒木]さすがの行動力だね。実際、アメリカはどこに行ってもWi-Fiが繋がるので、日本にいる先生や先輩にいつでも相談できるし、近寄らない方が良いエリアとか、安くて美味しいレストランとか教えてもらえるから安心だよね。何よりも、過去に同じ大学に留学した先輩に相談できるのが本当に助かる。長崎外大で留学する最大のメリットかも。

留学による成長のポイントは?

[立花]海外では自分の思い通りにならないことばかり。そこで生まれた疑問や不満などは、周りに伝えないと、結果として自分を苦しめてしまいます。つたない言葉でも、気持ちを伝えてきたことが、良い意味で癖になったようで、帰国後は自分の意見を人に伝えるスキルと自信が身についていました。就職活動での面接に絶対役立つと思う。
[丹波]留学で人との会話や、人そのものをもっと好きになれた。留学前は将来が漠然としていたけれど、今は人と接する仕事に就きたいと心から思っています。
[荒木]両親も、バイト先の先輩も口を揃えて「しっかりした!」「違う人に生まれ変わったみたい!」と言ってくれます。かつては受け身だった自分が嘘のように能動的になって、これまで苦手だったことにも、どんどん挑戦したい気分です!


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。