留学のホンネ(教員 x 在学生対談)

教員 × 在学生 対談

留学を終えて帰国した学生はキラキラ眩しくて、自信に満ち溢れています。
その背景には、留学中の言葉の壁や心細い気持ちを乗り越えた経験があるようです。
一体、どんな留学生活を送っていたのでしょう。
ホンネで語り合ってもらいました。

  現代英語学科英語専修4年
坂井 千里さん
留学先:アメリカ
授業についていけるか不安でしたが、ネイティブスピーカーの仲間と交流を深めることで、いつの間にか不安は解消されていました。
  国際コミュニケーション学科
フランス語専修4年
阿南 利沙さん
留学先:フランス
幸いなことに留学前の不安はほとんど取り越し苦労に終わりました。変わりたい、成長したいと思うなら、ぜひ留学にチャレンジしてください!
  国際コミュニケーション学科
韓国語専修4年
田畑 由衣さん
留学先:韓国
留学支援制度のおかげで、充実した毎日を過ごすことができました。先生にも相談しやすい環境なので、理想の留学の形を見つけてくださいね。
  留学アドバイザー
国際コミュニケーション学科
フランス語専修
佐野 友紀
留学は、語学以外にも習慣や文化を身をもって学ぶことができる絶好の機会。視野が広がり、これからの人生で必ず役に立つはずです。

先生や先輩、友達からのアドバイスが役に立ちました。

[佐野] 今回は、いずれ留学したいと考えている高校生に向けて、実際に留学した3人からリアルな“留学のホンネ”を語ってもらおうと思います。早速ですが、留学前に不安だったことや心配だったことについて教えてください。

[坂井] いちばん不安だったのは「治安」の面です。私が留学した大学はアメリカでも田舎町のほうだったので、なかなか情報がなく困っていたのですが、同じ大学に留学した経験を持つ先輩から現地の状況を踏まえたアドバイスをいただけたことで、不安が減りました。

[阿南] 私も同じく「治安」ですね。私の場合は、長崎外大に留学生として来ていたフランス人の友達に、不安がなくなるまで何度も質問しました。「地下鉄ではスリが多いから、鞄は前に持つようにするといいよ」など、具体的なアドバイスをもらえたので良かったです。実際に留学してみると「そんなに身構えるほどではなかったのかな…」とも思ったのですが、そう思えたのも事前情報があったからこそ。「備えあれば憂いなし!」ですね。

[佐野] 確かに、デモや犯罪などの「治安」面を不安に思う学生は年々増えているような印象ですね。ビザの取り方などの基本的なことから、国ごとの犯罪対策について学ぶ「海外留学事前研究」という授業は役に立ちましたか?

[田畑] とても役に立ちました。というのも、私もいちばん不安に感じていたのが「治安」だったので…。私が留学したのは、毎日のように日韓関係の報道がされていたころ。「日本人だから、仲間はずれにされたらどうしよう」と心配だったのですが、実際に行ってみたら、やさしく迎え入れてくれてびっくりしました。報道だけを鵜呑みにしちゃダメなんだな、と思いましたね。

留学の費用について

[佐野] 治安のほかに、不安要素として挙げる学生が多かったのが「お金」の面。みなさんは実際どうしてましたか?

[阿南] 親にはなるべく経済的な負担をかけたくなかったので、返還不要の奨学金獲得を目指して懸命に勉強しました。結果は、いただけることになったので、ほとんど費用の負担はなかったです。

[坂井] 私もまったく同じです。交換留学という制度を利用しつつ、返還不要の奨学金を獲得しました。家族とは、早くから資金面について話し合うのがいいかもしれませんね。

語学力だけではない留学の成果とは・・・?

[佐野] 留学先での不安や困難を乗り越えて成長したと感じたことを教えてください。

[田畑] 寮で同部屋になった韓国人に言葉が通じなくて、初日から厳しい現実を突きつけられました。これまでの自分だったらそこで心が折れてしまっていたと思うのですが、留学先ではむしろ「やってやる!」という気持ちになりました。精神的に鍛えられましたし、人見知りも克服できました。

[坂井] アメリカの授業はとにかくプレゼンテーションが多いんです。少なくとも週に1回はプレゼンしなければならず、人前に立つことが苦手な私にとっては試練の連続でした。回を重ねるごとに緊張しなくなり、人前に立つことに抵抗がなくなりました。田畑さんと同じく、私もどちらかといえば人見知りだったんですが、そんなことは言ってられなかったです(笑)。

[阿南] 私の留学先ではテストの結果に応じてクラス分けがされるんですが、なぜかいちばん上のクラスになってしまって…。おそらく筆記の点数が良かったからだと思うのですが、会話はほとんどできない状態でした。クラスの他の人たちはみんなペラペラだったので、追いつこうと必死になって勉強しました。最終的に担任の先生から「すごく頑張ったね」と言っていただけたことが忘れられません。また、アパートでひとり暮らしをしていたので、精神面もとても成長しましたね。

[佐野] 留学先の学校の選定などは、学生1人ひとりの語学力や性格を見ながら、住まい(寮・アパートなど)も含めてアドバイスしています。協定校が多いので、個々に合わせたアドバイスができるのが長崎外大の強みですね。

[坂井] 先生たちのサポートは本当に心強かったですね。特に、私の留学先はティーダマン先生の母校だったこともあり、細かいアドバイスもいただくことができました。

自分自身に向き合い夢が明確に!

[佐野] 留学を通して、今後の目標に何か変化はありましたか?

[阿南] 厳しい環境に身を置くことで、とても成長することができたので、自分が成長できる企業で働きたいなと強く思うようになりました。

[坂井] 留学から戻ってきた後、アルバイト先に英語しか話せないお客様が来店したため、私が英語で対応したところ、喜んでいただきました。それがとても嬉しく、また自信にも繋がり、将来は英語を生かして役に立ちたいと思っています。

[田畑] 私は将来韓国で働きたいと思っています。そう思えるようになったのも留学したからこそ。自分を変えたいと思っている人は、ぜひ留学してほしいです。


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。