留学体験レポート

費用面での負担はゼロでした。

  国際コミュニケーション学科
フランス語専修4年
大石 龍季さん
留学期間:1年間
交換留学
欧亜高等管理学院(フランス)

支援制度を最大限に活用しましょう!
将来のために海外で本物の言葉を習得したいと考え、フランスに留学をしました。費用面に関しては、留学先での授業料の免除など、様々な支援制度を利用することと、入学後の成績を含む評価をいかに上げておくかが鍵になります。成績の評価が良ければ国からの支援金ももらえ、費用の6~7割はまかなえるので、両親に負担をかけずに楽しく学べました。勉強の悩みも、友人や先生に相談をするとすぐに解決しますよ!

留学中の様子

メンタルが強くなった!
先生や先輩のサポートでなんとか乗り越えることができましたが、留学中は言葉の壁に苦労しました。もともと日本で勉強していた単語量が不十分だったと反省しています。過去の自分なら心が折れてやる気をなくしてましたが、その苦労のおかげで、メンタル面が強化されました!


留学すると新しい自分が見つかります。

  現代英語学科
英語専修4年
吉田 美和さん
留学期間:1年間
交換留学
ネバダ大学リノ校(アメリカ)/リヨン第2大学(フランス)

自分から発信することの大切さに気がついた。
英語とフランス語の両方のスキルを伸ばしたくてアメリカとフランスへの2ヵ国留学をしました。留学中はクラスメイトも先生も親切にしてくれ、不安なく学ぶことができました。帰国して、周囲からは「以前よりも社交的になった」と言われます。きっと日本人が少ない環境にいたことで、自分から発信することの大切さに気づけたのだと思います。この経験を生かし、観光業など日本と外国をむすぶ仕事に就きたいです。

留学中の様子

初海外が留学。
飛行機の国内線にすら乗ったことがない私が、一人で海外留学なんて…。留学先のクラスには日本人は私だけでしたが、クラスメイトはいつも親切に声をかけてくれました。どうしても日本人のサポートが必要なときは、SNSを利用するなどして乗り越えました。


選べる留学制度は一つではありません!

  国際コミュニケーション学科
ドイツ語専修4年
吉野 未来さん
留学期間:1年間
交換留学/一般留学
デュッセルドルフ大学(ドイツ)

二つの留学制度を利用して、自分を磨くことができました。
派遣留学と一般留学を利用してドイツ留学をしました。半年間の派遣留学で帰国予定でしたが、奨学金で滞在を延長。延長後も同じ学校に通えたので、ドイツ語をしっかり学ぶことができました。現地の方々はもちろん、ドイツにいる日本人の方とも知り合いになることができ、グローバルな視野を持った多くの方々のお話を伺えたおかげで、高いモチベーションを維持できたように思います。

留学中の様子

人の優しさに癒やされました。
留学中の研究課題の対象に、幼稚園を選択しました。現地の幼稚園に飛び込みでお邪魔して、見学をさせていただいたり、アンケートにも協力してもらいました。必死になっているとき、いつも励ましてくれたのはホームステイ先のおばあちゃん。今でも連絡を取り合っているんですよ。


素直になれば、周りが助けてくれる!

  現代英語学科
英語専修4年
森 彩香さん
留学期間:1年間
交換留学
セントラル・ランカシャー大学(イギリス)

スポーツのおかげでコミュニケーションが上達。
小学生の頃から憧れていたイギリス留学を実現。交換・派遣留学なら留学先大学の授業料が免除されるし、1年間留学をしても単位互換制度で大学を4年間で卒業できます。留学先の大学ではバスケットボール部に所属しました。チームメイトやコーチの指示で、どうしても理解できない言葉は、正直に「わからない」と言えば、快く説明してくれます。不安がなくなり、レギュラーとしてプレーすることもできました。

留学中の様子

良い習慣が身につきました。
留学前は、わからないことがあっても、なんとか自分で解決しようとしていましたが、留学先で多くの仲間と時間を共にしたことで、「わからないことを、わからないままにしない」「素直に教えてもらう」良い癖が身につきました。これは今後の生活にも生かせそうです。


留学先で気になったことを研究のテーマに。

  国際コミュニケーション学科
韓国語専修4年
大串 璃奈さん
留学期間:1年間
交換留学
漢陽大学校(韓国)

先輩の応援で不安を解消! 研究課題に集中できました。
留学前は不安がいっぱい。そんな私に先輩が「不安よりも外国で生活する新鮮さや好奇心が勝る。心配せずに楽しんで!」と言ってくださり、前向きな気持ちで留学できました。留学中に研究課題として「韓国人の名前」を選びました。改名する方が多かったり、『キムさん』という名前が多く、それらが気になったところから研究がスタート。友人にも協力してもらい、多くの人にインタビューするなどして、満足のいく研究ができました。

留学中の様子

学びの瞬間はどこにでもあります。
留学先では看板や広告でわからない文字を見つけては、その場で調べ、単語帳に書き写し、何度も読み返しました。また各国の留学生と、自分の国のことわざを教え合い、そこから国の風習や文化を学びました。寝ている時間以外は常に学びのチャンスです。


長崎外大に入学して、留学できて本当に良かった。

  国際コミュニケーション学科
中国語専修4年
清田 朔良さん
留学期間:1年間
交換留学
武漢大学(中国)

留学を考えているなら長崎外大をおすすめします。
留学中は先生に不安なことを全て質問していましたし、個人的な悩みまで打ち明けていました。その度に真剣に答えてくださって、安心して留学生活を送ることができました。留学に興味のある方は、ぜひ長崎外大に入学して、先輩や先生に相談してみてください。皆さん海外経験が豊富なので、役立つことをたくさん教えてくれます。サポート体制、先生・先輩方が、あなたの留学の手助けを必ずしてくれるはずです。

留学中の様子

勉強は楽しみながら!
恥ずかしがらずに挨拶を交わすだけで、多くの友人ができました。中国語の勉強は、友人と一緒にしたり、毎日欠かさず中国のドラマやバラエティ番組を見たり、楽しみながらが秘訣。いつか、中国の方に「日本人だとは思わなかった!」と言われるほど流暢に話せるようになりたいです。


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。