カリキュラム

長崎外大では「語学力を磨き、コミュニケーション力を身につけ、人間力を鍛える」という教育目標のもと、卓越した語学スキル、幅広い教養、深い専門性を習得できるカリキュラムを用意しています。

※ 下の画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます

長崎外大での学び方

学びのオーダーメイド

学校が時間割を決めていた高校までと違い、毎年学期の始めに、自分で時間割を作ります。自分の興味・関心、将来の夢に合わせたオーダーメイドの時間割で4年間を過ごします。

学びのカテゴリー

「教養教育科目」 「言語教育科目」 「専門教育科目」の三つのカテゴリーで構成されています。学生はすべてのカテゴリーからバランス良く授業を選択し、学んでいきます。

教養教育科目

専攻する分野だけを特化して学ぶのではなく、関連する他分野も学び、知識・教養を深めたり、大学で学ぶのに必要な素養を身につけます。例えば、必須科目として用意している「日本語リテラシー」という授業では、母語である日本語を鍛えていきます。正しい日本語で物事を考え表現する力を備えることは、外国語の上達を手助けするだけでなく、社会人になっても大いに役立ちます。

言語教育科目

英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語、日本語の「読む」 「書く」 「聞く」 「話す」の基礎はもちろん、高度なコミュニケーション力を養成します。

専門教育科目

プログラムの中から授業を組み合わせて、将来の進路に沿った専門知識や技術を習得します。

学びのバランス

上記三つの科目に加え、すべての科目から自由に選べる「自由選択科目」があります。それぞれの科目で決められた単位数分の授業を受け、合計124単位以上を修めると卒業です。授業によって、認定される単位数は異なります。

科目分野 卒業に必要な単位数
教養教育科目 32単位以上
言語教育科目(専修言語) 24単位以上
専門教育科目 40単位以上
自由選択科目 28単位以上
合計 124単位以上

関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。