辰己 明子

プロフィール

氏名 辰己 明子  / TATSUMI Akiko
所属 外国語学部現代英語学科
職名 准教授
専門分野 英語教育、通訳・翻訳、リメディアル教育

最終学歴

  • 広島大学大学院教育学研究科文化教育開発専攻英語文化教育学分野 博士課程後期 修了 2017年

取得学位

  • A.A. (General Studies) Herkimer County Community College 2000
  • B.A. (Psychology) State University of New York at Stony Brook 2003
  • M.A. (Educational Psychology) New York University 2006
  • M.A.(教育学、鳴門教育大学大学院学校教育研究科教科・領域教育専攻)2013年
  • Ph.D.(教育学、広島大学大学院教育学研究科)2017年

所属学会

  • 全国英語教育学会
  • 日本教科教育学会
  • 中国四国教育学会
  • 中国地区英語教育学会
  • 国際異文化学会
  • 日本通訳翻訳学会
  • 日本リメディアル教育学会

研究活動

最近は、英語教育における通訳・翻訳の使用と英語リメディアル教育を中心に研究を進めている。研究内容は以下の通りです。

  1. 英語教育における、通訳訓練法であるサイト・トランスレーション(サイトラ)とリプロダクションを用いた指導に関する効果をについて研究をしている。今後は、指導効果に関する実証的研究を進めてゆきたいと考えている。
  2. 英語リメディアル教育における教員と学生のマインドセットについて研究を進めている。近年、大学英語教育における英語を苦手とする学生に関する研究が注目されている中で、大学英語教員と英語リメディアル学生のマインドセット(心の在り方)に焦点をあて実証的研究を進めてゆく。

教育活動

[教育方法・内容の工夫]
[ビジネス英語、時事英語]
授業ではICT等を活用し、受講生の理解を深める取り組みを行っている。授業では、映画や歌を用いて、学生の英語4技能の向上を目指し、ディクテーションや場面により使用される表現を学ぶ活動、映画の内容理解を確認するための英問英答での活動を行った。
[ビジネス英語]
通訳訓練法(サイト・トランスレーション、リプロダクション)を用いて、学生の英語4技能向上を目指し、Power Point やワークシートを用いて指導した。

[作成した教科書・教材・参考書]
学生のリスニング向上を目指し、教材として使用した映画や歌に関するワークシートを作成し、授業ごとに、学生にワークシートとして配布し活用している。

主要研究業績

著書
  • 木村正俊・太田直也・太田美智子・奥田良二・木村俊幸・小池剛史・佐藤泰人・辰己明子・立野晴子・田中慶子・谷村千絵・羽矢謙一・松本達郎・森野聡子・水崎野里子・吉賀憲夫・米山優子 (2015).『ディラン・トマス』彩流社. ディラン・トマス関連用語集担当
主要論文
  • Developing a translation evaluation scale for literature texts as teaching materials: Considering its practicability in the classroom context. Japan Curriculum Research and Development Association, 19, 51-61, 2018
  • サイト・トランスレーション研究の可能性、通訳翻訳研究への招待第16号, 142-162、2016
  • 大学英語教育における翻訳指導に関する研究:一般英語授業での翻訳指導実践事例として、翻訳研究への招待第13号、68-82、2015
  • [その他]
    日本リメディアル教育学会第15回全国大会 大会発表優秀賞 2019年
    発表タイトル:「フォーカスグループインタビュー調査による英語を苦手とする大学英語学習者の実態把握」
学会発表
  • 築道和明・兼重昇・辰己明子・梅木璃子 (2019).「語順整序問題での誤りの傾向と分析 -英語が苦手な大学生英語学習者の事例を基に-」,日本教科教育学会第45回全国大会(愛知教育大学),10月13日.
  • 辰己明子 (2019).「英語教育における通訳技能訓練法を用いた指導実践:サイト・トランスレーションとリプロダクションに焦点を当てて」,日本通訳翻訳学会第20回年次大会(立教大学),9月8日.
  • 辰己明子・築道和明・兼重昇・梅木璃子 (2019).「フォーカスグループインタビュー調査による英語を苦手とする大学英語学習者の実態把握」,日本リメディアル教育学会第15回全国大会,8月27日.
  • 石塚浩之・稲生衣代・辰己明子・長沼美香子・畑上雅郎・山田優 (2018).「サイトラ研究プロジェクト活動報告」日本通訳翻訳学会第19回年次大会,9月8日.
  • 長沼美香子・船山仲他・稲生衣代・水野的・石塚浩之・辰己明子 (2017).「サイトラ研究の基盤整備(サイトラ研究プロジェクト経過報告)」,日本通訳翻訳学会第18回年次大会(愛知大学),9月9日.
  • 辰己明子・兼重昇 (2017).「大学生の英語学習におけるつまずきの研究:インタビュー調査に基づく事例研究」,第48回中国地区英語教育学会(広島大学),6月24日.

科学研究費補助金・その他の競争的研究経費

  • 平成30-令和2年度 日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究C)「大学生英語学習者のつまずきの要因と適切な支援」(研究代表者:築道和明)研究分担者
  • 平成30-令和2年度 日本通訳翻訳学会:「順送りの訳」研究会(研究代表者:石塚浩之)研究分担者
    平成29-31年 日本通訳翻訳学会:Translation in language teaching (TILT) 研究プロジェクト(研究代表者:石原知英)
  • 平成27-30年度 日本通訳翻訳学会:サイトラ研究会(研究代表者:長沼美香子)研究分担者

社会活動

  • 三省堂編集協力委員 2019年~現在に至る
  • 国際異文化学会役員 広報局担当 2019年~現在に至る

関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。