フランス語キーボードをインストールする

カナダ・マルチリンガル標準

Windows Vista の場合


コンピュータを買っても、そのままの状態では、英語以外の外国語の入力ができません。それぞれの言語に応じた設定とキーボードのインストールが必要です。

ここでは、Windows Vista でフランス語を使えるようにするための設定方法を説明することにします。

キーボードは「フランス語(カナダ・マルチリンガル標準)」を選ぶことにします。日本で通常使われているキーボードとの相性と、フランス語のアクサン記号の入力にしやすさは、これが一番だと思うからです。

他の言語を使いたい人も、以下の説明を参考にすれば、自分で設定ができるでしょう。


モニター画面左下の「スタート」から

「コントロールパネル」を選び・・・

「コントロールパネル」が開いたら、「キーボードまたは入力方法の変更」を選ぶ。

次のような画面が現れるので、「キーボードの変更」をクリックする。

--------------

クラシックメニューを使っている人は、「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」を選ぶ。

「コントロールパネル」が開いたら、「地域と言語のオプション」を選ぶ。

左上のタブから「キーボードと言語」を選ぶと・・・

次のような画面が現れるので、「キーボードの変更」をクリックする。

--------------

次のような画面に変わるので、「追加」をクリック。

「入力言語の追加」から・・・

「フランス語(カナダ)」を探し、「+」のところをクリックして開き・・・

「キーボード」も同じように「+」のところをクリックして開いてから・・・

「カナダ マルチリンガル標準」を選んでチェックし・・・

「OK」をクリックする。

「テキスト サービスと入力言語」画面に戻る。「フランス語(カナダ)」の「カナダ マルチリンガル標準」キーボードが追加されたことが確認できたら「適用」をクリックする。

これで作業はひとまず終了だが、次の2点も確認しておこう。

・・・・・・・・・・

画面左上のタブ「言語バー」をクリックする。

この画面で「言語バー」を設定することができる。とりあえず次のように設定しておくとよい。

「言語バー」を「デスクトップ上でフローと表示する」というのは、モニター画面右下の部分に「言語バー」が次のように表示されるということである。

「言語バー」を「タスクバーに固定する」に変えると、「言語バー」はモニターの最下部のバー(=タスクバー)の中に組み込まれ、以下のように表示される。

あとは自分で試してみるとよい。

・・・・・・・・・・

次は、入力言語の切り替え(日本語とフランス語の切り替え)について確認してみよう。

「詳細なキー設定」のタブをクリック。「入力言語のホットキー」のところに注目しよう。
下のように「入力言語間」が「左Alt+Shift」となっているかどうか確認。

*「Alt」キーは左右に一つずつあるが、「左Alt」というのは左側にある「Alt」キーのこと。
*「左Alt+Shift」というのは、左側にある「Alt」キーを押しながら「Shift」キー(右左どちらの「Shift」でも良い)を押しなさいという意味。
 (「Shift」キーを押しながら「左Alt」キーを押してもよい。)
このように設定されていると、「左Alt」と「Shift」を押すたびに、入力言語が「日本語」⇔「フランス語(カナダ マルチリンガル標準)」と切り替わる。
モニター画面右下の「言語バー」も、入力言語の切り替えに応じて以下のように変わるので、あとで確認してほしい。

      

------------

「入力言語間」が下の画面のように (なし) となっているときは「キーシーケンスの変更」をクリックして・・・

「入力言語の切り替え」の「左Alt+Shift」チェックし、「OK」をクリック。
(「キーボードレイアウトの切り替え」はとりあえず「割り当てなし」を選んでおくとよい。)

「左Alt+Shift」が設定されたことがわかるだろう。

「左Alt+Shift」の代わりに「Ctrl+Shift」を選ぶこともできます。
この場合、「Ctrl」キーも「Shift」キーも、左右どちらのキーでもかまいません。
使いやすいほうを選んでください。

-------------

キー操作ひとつでフランス語入力モードに切り替わるように設定することもできる。

「フランス語(カナダ)− カナダ マルチリンガル標準へ」を選び、「キーシーケンスの変更」をクリック・・・

「キーシーケンスを有効にする」をチェックする。

こうしておいてから、たとえば「Ctrl+Shift+3(数字キーの3)」を選んで・・・

「OK」で確定。

設定が完了したことが確認できるだろう。

こうしておくと、「Ctrl」と「Shift」を押しながら「3」のキーを押せば、すぐに「カナダ マルチリンガル標準」キーボードでフランス語が入力できるようになる。

日本語入力への切り替えも、同じようにして設定できるので、試してみよう。

いくつもの言語を使い分ける必要がある場合には、このように言語ごとにキー操作だけで切り替えられるように定しておくと大変便利である。(長崎外国語大学メディアセンター内のPCはこのように設定されています。詳しくは長崎外語 ネットワークコンピュータ ― 多言語入力設定を見てください。)

・・・・・・・・・・

設定が終わったら、「OK」をクリックし・・・

次の画面でも「OK」をクリック。

以上で設定完了です。

あとは自分で「左Alt+Shift」(あるいは「Ctrl+Shift+0」、「Ctrl+Shift+3」)を実際に押してみて、モニター画面右下の言語バーが次のように「日本語」「フランス語カナダ」に切り替わることを確かめてください。

       


戸口ホームページに戻る