働くこと・労働環境


・厚生労働省―「働き方の未来2035:一人ひとりが輝くために」懇談会報告書(2016年8月)

・シリーズ「小室淑恵「働き方の賢者」に聞く~ワークスタイル改革の最新潮流」(ダイヤモンド・オンライン)
 次のような記事があります
 - 2017.9.1 サイボウズ青野社長が「働き方改革」に取り組む人にどうしても言っておきたいこと
 青野慶久・サイボウズ社長 × 小室淑恵・ワーク・ライフバランス社長【後編】
 - 2017.8.18 「短時間で働きたい人はライフを重視する人であり、ワークを重視していない人だ」という偏見の壁
 青野慶久・サイボウズ社長 × 小室淑恵・ワーク・ライフバランス社長【前編】

・シリーズ:磯山友幸「働き方の未来」(日経ビジネスOnline 2016年4月28日~ )
 次のような記事があります
 - 2017年9月1日 働き方改革で所得が「3%」減る? 残業減らしても所得を維持する仕組みが不可欠
 - 2017年8月18日 どうなる「高度プロフェッショナル制」 労働基準法改正案を巡り、秋の国会で与野党激突?
 - 2017年7月28日 最低賃金引き上げで「時給1000円」時代へ 安倍首相の求心力低下がリスク
 - 2017年6月16日 AI・IoT時代を切り拓く「人材投資」をどう作る 日本型雇用システム壊す「人材流動化」がカギ

・シリーズ「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」(日経ビジネス ON LINE 2009年7月23日~ )
 次のような記事があります
 - 過労死は「気の持ちよう?!」…怒 職場の責任を個人の責任にすり替えさせちゃダメ!(2017年8月22日)
 - 「年収1075万以上」が「300万円以上」になる日 ホワイトカラー・エグゼンプションという“感情論”(2017年8月1日)
 - ブラック企業リストに覚えた新たな怒り 違う意味での新たな“犠牲者”を生み出す危険が(2017年5月16日)
 - 「人を傷つけずにいられない」組織的パワハラ 「週35時間労働」でも、人は過労で自殺する(2017年5月9日)
 - 「やりがい搾取」の共犯?文科省公認の天職信仰 大学キャリア教育と成功者の体験談が招いた誤解(2017年2月28日)
 - 有休取得妨げる「アリバイ労働」と「戦後特例」 あの…日本はまだ「戦後復興期」なのでしょうか?(2017年2月7日)
 - 若者を過労自殺に追い込む「平成の悪しき産物」 深刻化する組織社会化過程の欠如(2016年10月18日)
 - 悪法「契約3年ルール」で増える“会社の自殺” 「入れて、切って、はい、入れて」が会社に与えるダメージ(2016年1月12日)
 - 「キミのせいで私が無能?」 思考を放棄する日本社会の罪と罰 新卒一括採用の功罪を問う(2015年5月19日)
 - 「就活生は“社畜”?」会社依存を止められないニッポン社会の不幸 一括大量エントリーのような不毛なことはすぐ止めるべき(2014年4月8日)

・「高齢者が若者を支える社会を作ればいい」という逆転の発想(ダイヤモンド・オンライン 2017.8.19)

・シリーズ「永田公彦 パリ発・ニッポンに一言!」(ダイヤモンド・オンライン)
 以下のような記事があります
 - 日本人は有休を取るのに謝る必要がない社会を作れ 2017.8.15
 - フランスの有給休暇取得率が100%な理由 2017.8.14
 - 人間に「正規・非正規」のレッテルを貼る不思議の国ニッポン 2016年05月19日
 - 正規雇用9割のフランスと非正規4割の日本は何が違うのか 2016年05月18日
 - 「もっと働かない日本」のすすめ ――より短い時間で、より稼ぎ、より豊かになる! 2015年01月16日
 - 女性が疲れる社会ニッポンへの警鐘【後編】長時間労働の一因は“目的”より“やり方”へのこだわり 2014年05月13日
 - 女性が疲れる社会ニッポンへの警鐘【前編】“考えず、従う”姿勢が生む「国民総残業社会」 2014年05月12日
 - 「日本とは戦いたくない」これが中国の本音だ―FRS・フランス戦略研究財団アジア部門長ヴァレリー・ニッケ氏に聞く 2013年05月13日
 - 「女性が日本を救う」と叫ばれながら男性社会が崩れない、その本当の理由 2013年01月21日
 - 3.11から1年、世界に「顔」を示すニッポン人へ 012年03月02日
 - 私は日本の将来を憂えていない!日本人には逆境をチャンスに変える知恵がある ―元フランス経済・財政・産業大臣クリスチャン・ソテール氏に聞く 2012年01月25日

・山田徹也:教育無償化は「働き方改革」にも繋がっていく 教育投資の必要性と財源負担を訴えるべきだ(東洋経済オンライン 2017年04月21日)
・江口克彦:「毎年採用」を漫然と行う会社が崩壊するワケ 人の採用は遠い先を見越して考えるべきだ(東洋経済オンライン 2017年04月21日)
・寺田知太:なぜ日本には外国人労働者が殺到しないのか 日本の「働く国としての魅力」は61カ国中52位(東洋経済オンライン 2017年04月17日)

・シリーズ:倉重公太朗「検証!ニッポンの労働」(東洋経済オンライン 2016年9月29日~ )
 次のような記事があります
 - 残業は「時間制限」だけしても何も解決しない 読者からの「本音コメント」に弁護士が答える 2017年6月5日
 - 新入社員は「石の上にも3年」を真に受けるな 会社人事に「絶対服従」する人が大損する理由 2017年4月26日
 - 「新卒一括採用が当然」という時代は終わった コスト削減よりマッチング精度の方が重要だ 2017年4月4日
 - 「残業100時間規制は是か非か」論でよいのか 健康維持とスキルアップの両立こそが本質だ 2017年3月10日
 - 形だけの長時間労働規制は、害悪でしかない まずは「実労働時間の把握」を徹底すべきだ 2017年2月23日
 - 「長時間労働」叩きだけでは、何も解決しない 「正社員」の概念を、根本から考え直すべきだ 2017年2月2日
 - 「解雇の金銭解決」が奏効したイタリアの実情 類似した社会構造を持つ日本は多くを学べる 2017年01月12日
 - 「同一労働同一賃金」ガイドラインを読み解く 年功序列は、ついに本格的な終焉に向かう 2016年12月29日
 - 「解雇の金銭解決」はブラック企業を撲滅する 救われる労働者を増やすなら明らかに有効だ 2016年12月1日

・常見陽平:日本人が「残業」から一向に逃れられない理由 この複雑な構造を理解しなければ解決しない(東洋経済オンライン 2017年4月14日)
・常見陽平:「働き方改革」に見える「ゆとり教育」と同じ轍 そもそも少子高齢化は克服すべき問題なのか(東洋経済オンライン 2016年10月06日)

・溝上憲文の記事(PRESIDENT Online)
 - 逆効果?上限規制で社員は「ヤミ残業・給与減」の“往復ビンタ”( 2017.3.24)
 - 元凶は、上司が残業時間を操作できる仕組み(2017.3.10)
 - 政府案「残業年間720時間」で長時間労働はなくなるか?(2017.2.27)
 - なぜ放置? 日本だけ法的に「無制限時間労働」OK(2016.9.23)
 - 定年後の継続雇用「給与半減」に法的根拠はあるか?(2016年7月8日)
 - 発見!日本人の「長時間労働」をなくす方法(2016年7月5日)
 - 日本人の「長時間労働」がなくならない理由(2016年6月30日)
 - 残業代が出なくなると社員は本当に「早く帰れる」のか?(2016年5月6日)
 - 「同一労働同一賃金」で企業が恐れる「給与差」立証責任(2016年4月8日)

・野村浩子:「同一労働同一賃金」の目的は格差是正ではない 処遇差の「合理性」とは? 日本での導入が難しい理由(日経ビジネス ON LINE 2017年3月6日)
 シリーズ:野村浩子「ここが間違い、女性の攻め方」より

・濱口桂一郎:残業上限と「女性活躍」を同次元で論じる愚 「生命」ではなく「生活」を守るルールが必要(東洋経済オンライン 2017年03月17日)
・濱口桂一郎:女性活躍阻む「日本型転勤」はなぜ生まれたか 転勤ありの夫婦は「子を持たない」が最適解?(東洋経済オンライン 2017年03月03日)

・働き方改革と最低賃金(毎日新聞2017年2月22日 論点)
 冨山和彦:生産性向上の有力ツールに 鶴光太郎:むしろ給付付き税控除で 藤川里恵:生活のため一律1500円必要

・治部れんげ:「日本女性の生産性の低さ」には原因がある 「育児支援」を主体にする日本企業のナゾ(東洋経済オンライン 2017年01月16日)

・デービッド・アトキンソン ― 東洋経済オンライン
 日本のサービス業は「1人あたり」でG7最低だ ITに合わせて「働き方」を変える努力を(2017年02月15日)
 日本の「1人あたり」輸出額は44位に過ぎない 本当に「ものづくり大国」といえるのか(2017年1月30日)
 なぜ日本は「女性の生産性」が極端に低いのか 男性と「同一労働」をさせる覚悟、する覚悟(2017年1月6日)
 日本を「1人あたり」で最低にした犯人は誰か 「世界最高の労働者」を活かせないという罪(2016年12月23日)
 「1人あたり」は最低な日本経済の悲しい現実 日本の生産性は、先進国でいちばん低い(2016年12月09日)
 日本は、ついに「1人あたり」で韓国に抜かれる 生産性向上を阻む「昭和の思考」という呪縛(2016年12月16日)
 日本を「1人あたり」で最低にした犯人は誰か 「世界最高の労働者」を活かせないという罪(2016年12月23日)
 なぜ日本は「女性の生産性」が極端に低いのか 男性と「同一労働」をさせる覚悟、する覚悟(2017年1月6日)
 日本の「1人あたり」輸出額は44位に過ぎない 本当に「ものづくり大国」といえるのか(2017年01月30日)

・水口洋介:「同一労働同一賃金の原則」について思う(水口氏のブログ 2016年11月21日)

・シリーズ「山崎元のマルチスコープ」より(ダイヤモンド・オンライン)
 本気で「非正規」をなくし、同一労働同一賃金を実現する方法[2016年12月28日]
 ヤフーも導入「通年採用」が社員と人事にもたらすプラス効果[2016年11月02日]
 ヤフーの週休3日制導入が良いことずくめである理由[2016年09月28日]

・シリーズ:伊賀泰代氏に聞く「働き方改革」の本質(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー 2016年11月24日~ )
 第3回  生産性が同じであれば 労働時間に違いがあっても、同じ処遇にすべき 2016.11.28
 第2回 マッキンゼーは、長時間労働じゃないですか? 2016.11.25
 第1回 労働時間を減らして、成果を高めるのです。 2016.11.24

・シリーズ:森田朗「人口減少時代のウソ/ホント」(日経ビジネス ON LINE)より
 - 2016年12月26日 「社会保障」「地方再生」失敗の轍を抜けるには 日本が沈み切る前に、打つべき手を考える賢人会議(前編)
 - 2016年12月27日 「撤退戦だが、負けない」新たなプランが必要だ 日本が沈み切る前に、打つべき手を考える賢人会議(後編)

・櫨浩一:長寿化に応じた「長く働ける社会」が必要だ 働く意欲のある高齢者が増えている(東洋経済オンライン 2016年12月23日)

・このまま残業を放置していたのでは、日本企業は負けてしまう。ではどうするか。
 佐々木眞一×小室淑恵 対談[前編](ダイヤモンド・オンライン 2016年11月25日)
・オフィスの「ムダとり」で仕事の生産性を上げるには
 佐々木眞一×小室淑恵 対談[後編](ダイヤモンド・オンライン 2016年11月30日)

・草食投資隊 ― 渋澤健、中野晴啓、藤野英人:「日本的正社員」という働き方は時代遅れだ
 20代の若者も50代のオジサンも苦しんでいる(東洋経済オンライン 2016年11月08日)

・シリーズ「働き方革命2.0」(日経ビジネス Online 2016年10月18日~10月25日)
 次のような記事があります
 - 2016年10月25日 正社員になりたくない、労働市場のニーズの変化 衣料大手のストライプ、全員正規採用を廃止に
 - 2016年10月24日 損保ジャパン、掛け声だけじゃない働き方改革
 - 2016年10月20日 6割が「サービス残業」、緊急調査で浮き彫りに 電通女性社員の過労自殺が示す日本の病巣
 - 2016年10月19日 スシロー、“皮引き”に込めた働き方改革 外食の改革は「付加価値の提供」の徹底にあり
 - 2016年10月18日 ひとり親にも優しく、出勤日・時間がフリー 労働集約型企業が考える“総活躍”

・出口治明:日本から残業をなくし生産性を上げる3つの方法(ダイヤモンド・オンライン 2016年9月26日)
「出口治明の提言:日本の優先順位」の全記事一覧なぜ、「2年以内」の働き方改革が必須なんですか?(PRESIDENT Online 2016.9.16)

・山口俊一:2018年に大量発生する「無期契約社員」はどんな社員か?(PRESIDENT Online 2016.9.14)

・岸 博幸:「最低賃金引き上げ」でも低所得層が救われない理由(ダイヤモンド・オンライン 2016年8月5日)

・待機児童問題解消への4つの提言 「福祉」の呪縛から抜け出せるか(日経ビジネスOnline 2016年7月26日)

・「連合」は労働者のために今、何をしているのか 神津里季生「連合」会長 × 山本一郎 特別対談(1)(日経ビジネスOnline 2016年6月24日)
・「高福祉・低負担」の幻想から、いかに脱するか 神津里季生「連合」会長 × 山本一郎 特別対談(2)(日経ビジネスOnline 2016年6月27日)
・「非正規労働者」と括るのは、もうやめよう 神津里季生「連合」会長 × 山本一郎 特別対談(3)(日経ビジネスOnline 2016年6月28日)

・橘玲:北欧は、「新自由主義(ネオリベ)型福祉国家」に変貌していた(ダイヤモンド・オンライン [橘玲の世界投資見聞録] 2016年6月23日)

・野口悠紀雄:有効求人倍率が高くても、決して歓迎できない理由(ダイヤモンド・オンライン 2016年6月9日)

・トヨタ、総合職に在宅勤務 8月めど2万5000人対象(日本経済新聞 電子版 2016/6/9 2:00)

シリーズ「ワークスタイル」(東洋経済オンライン 2012年11月8~ ) 記事一覧
 次のような記事があります
・過労死ラインの残業、「違法」と「合法」の境目 ブラック企業「社名公表」初事例から学ぶこと 2016年5月27日
・部下は「プチ志」を語る上司についてくる 優れたリーダーは「価値観の共有」を重視する 2016年5月11日
・日本を「貧困大国」にさせないための処方箋 教育、雇用、住宅の自助努力はもう限界だ 2016年5月6日
・「保育士の給料」はいったいどれだけ安いのか 月給6000円増だけでは働く魅力を増さない 2016年5月3日
・「働いても幸せになれない日本」に生きる若者 労働はもう日本の貧困対策を担えない 2016年5月1日
・日本人が抱く「外資系企業」への大いなる誤解 婉曲で不自由でウェットな職場がそこにある 2016年4月28日
・「同一労働同一賃金」なんて本当にできるのか 格差解消の切り札というが課題は山積だ 2016年4月21日

・今野晴貴×藤田孝典:「働いても幸せになれない日本」に生きる若者 労働はもう日本の貧困対策を担えない(東洋経済オンライン 2016年05月01日)
・今野晴貴×藤田孝典:日本を「貧困大国」にさせないための処方箋 教育、雇用、住宅の自助努力はもう限界だ(東洋経済オンライン 2016年05月06日)

・平田オリザ×藤田孝典:この国は、もう子どもを育てる気がないのか 日本は「想像力が欠落した国」になっていた(東洋経済オンライン 2016年04月24日)

・宇賀神宰司:「残業ゼロ」、実はつらい? 早く帰れるのに喜べない社員続出の実態(日経ビジネス ON LINE 2016年5月13日)

・関田真也:「ブラック企業」がここまで蔓延する根本原因 実は日本型雇用システムの成れの果て(東洋経済オンライン 2016年02月18日)
・関田真也:非正規雇用比率「4割大台乗せ」の正しい見方 背景に「高年齢者雇用安定法」の存在(東洋経済オンライン 2015年11月09日)

・資生堂、「子育て社員へ遅番要請」は是か非か 小室淑恵ワーク・ライフバランス社長に聞く(東洋経済オンライン 2016年02月21日)
・資生堂「子育て女性に優しい」の先にあるもの 女性活用ジャーナリスト・中野円佳氏に聞く(東洋経済オンライン 2016年02月21日)

・マタハラ問題解決なくして企業の成長なし マタハラNet代表・小酒部さやかさんに聞く(後編)(日経ビジネス ON LINE 2016年1月22日)
・マタハラは人権問題であるだけでなく経済問題 マタハラNet代表・小酒部さやかさんに聞く(前編)(日経ビジネス ON LINE 2016年1月21日)

・麓 幸子:最高益生むカルビーの女性活躍 トップの強い信念が5年で会社を変えた(日経ビジネス ON LINE 2016年1月22日)

・育児と仕事、途方に暮れて辞めないで 岩崎裕美子氏[ランクアップ社長](日経ビジネス ON LINE 2016年1月5日)

・野村浩子:資生堂の「働き方改革」が広げた波紋の裏側(日経ビジネス ON LINE 2015年12月21日)
 野村浩子:連載「ここが間違い、女性の攻め方」より 記事一覧

・山形浩生:格差が拡大した原因は、「資産」だけではない あのピケティをたしなめた「師匠の言葉」(東洋経済オンライン 2015年12月05日)
・ピケティ絶賛!格差解消の切り札はこれだ 平等な社会に向けた現実的なビジョン(東洋経済オンライン 2015年11月27日)
アンソニー・アトキンソン『21世紀の不平等』(東洋経済新報社、2015年12月刊行予定)、トマ・ピケティによる日本語版への序文「平等な社会に向けた現実的なビジョン」を全文掲載したもの。

・西雄大:パパが育休取っても迷惑なだけ? 北の大地で見つけた、仕事と家事を両立する方法
(日経ビジネス ON LINE「記者の眼」 2015年11月24日)
・池松由香:世界一のホテルと川崎「下町ロケット」の共通点 「善い会社」の定義は社員を大切にする会社
(日経ビジネス ON LINE「記者の眼」 2015年11月24日)

・西多昌規:「休めない」日本人の生産性が著しく低い理由 従業員の健康に気を配らない企業は負ける(東洋経済オンライン 2015年10月31日)

・弁護士ドットコム:まるで奴隷?コンビニ「FC問題」の深すぎる闇 本部と加盟店、どこに不公平が生じている?(東洋経済オンライン 2015年10月17日)

・岐阜発「楽園企業」、毎日5時に帰る残業ゼロ術 もちろん「仕事の持ち帰り」も禁止です(東洋経済オンライン 2015年2015年09月08日)
・岐阜発「楽園企業」、年休140日で驚きの高年収 さらに有休最長40日+残業なしで「この金額」(東洋経済オンライン 2015年10月05日)

・江村英哲:本当は「働きたくない」だけなんじゃないの? 「無業社会」著者とのバトルトーク一部始終(日経ビジネス ON LINE 2014年10月15日)

・最低賃金関連(毎日新聞Web版 2015年7月30日~8月1日)
・最低賃金:過去最大上げ 首相が主導、全国平均18円 2015年07月30日 西部朝刊
・クローズアップ2015:最低賃金、18円引き上げ 最大上げ幅、政府固執 2015年07月30日 東京朝刊
・質問なるほドリ:最低賃金を決める目的は?=回答・堀井恵里子 2015年07月30日 東京朝刊
・最低賃金:引き上げ 経済界は消費拡大期待 コストアップ「企業努力で吸収」 2015年07月30日 東京朝刊
・社説:最低賃金アップ 働く人の貧困なくそう 2015年08月01日

・最低賃金引き上げ、米や欧州でも次々 NYは1.7倍アップも(朝日新聞デジタル 2015年7月30日)

・三浦まり:経済政策報道も平和の視点で(毎日新聞2015年8月8日「メディア時評」― 最低賃金に関するコメントに注目したい)

・柵山順子:雇用は増えているのに、消費も賃金も伸びない理由(ダイヤモンド・オンライン 2015年9月17日)

・広岡延隆:ABCマート役員を書類送検した「かとく」の正体 残業代を払っていても“アウト”になる企業が続出か(日経ビジネス ON LINE 2015年7月8日)
・戸舘圭之:ABCマート摘発が示す過重労働根絶の難しさ 「残業代ゼロ法案」の議論も見落とすな(東洋経済オンライン 2015年07月08日)
・戸舘圭之:「派遣法改正案」のいったい何が問題なのか 不安定・低賃金なハケンが今より増える恐れ(東洋経済オンライン 2015年06月17日)
・戸舘圭之:年収400万円のあの人も残業代ゼロになる日 「1000万円プレーヤーだけ」と思ったら大間違い(東洋経済オンライン 2015年2月21日)
・広岡延隆:「すき家」を誰も嗤えない デフレの寵児が陥った日本経済の落とし穴(日経ビジネス ON LINE 2014年8月6日)

・学生を苦しめる「ブラックバイト」の悲惨(ダイヤモンド・オンライン 2015年2月26日)

・山内栄人:派遣法改正は「非正規ループ」の突破口 「生涯派遣」「雇い止め量産」という机上の空論(日経ビジネス ON LINE 2015年6月26日)
・山田厚史:派遣法改正案はアベノミクスが目指す消費拡大と矛盾する「改悪」だ(ダイヤモンド・オンライン 2015年6月4日)

・http://toyokeizai.net/articles/-/74390弁護士ドットコム バックナンバー(東洋経済オンライン) 次のような記事があります
・「過労死防止法」で日本の長時間労働は減るか 有休取得率アップなどを推進、効果はある?(2015年6月24日)
・就活の「おわハラ」、学生は従わなくていい 企業が就活を制限できないこれだけの理由(2015年05月11日)
・「カネで解雇」は、本当に横行してしまうのか 「解決金制度」導入で労働者が負うリスク(2015年4月27日)
・労基法改正でアナタの働き方はどう変わる? 裁量労働制と高度プロフェッショナル制の差(2015年4月24日)
・新法案で「ブラック企業」は淘汰されるのか 提出された青少年雇用促進法案の効果は(2015年4月8日)
・採用解禁「8月ルール」は機能するはずがない 法的拘束は、企業にも学生にもデメリット(2015年3月29日)
・「サービス残業肯定論」は1ミリも通用しない 不払い分は退職後でもきっちり請求しよう(2015年3月25日)

・連載 中野円佳:なぜすれ違うのか? 育休世代 VS. 日本のカイシャ(東洋経済 ON LINE 2015年4月2日~10月1日)
 次のような記事があります
・つらい「7K職場」が劇的改善した3つの理由 30歳までに女性の7割が辞める会社が激変(2015年10月1日)
・女性活用を阻む「日本的転勤」という大問題 「地域限定正社員」では解決しない!(2015年8月27日))
・私が、大嫌いな「女性活用」にこだわるワケ 「女性が競争を好まない」のは先天的か?(2015年6月25日)
・会社と女性が「囚人のジレンマ」に陥るワケ 「女性はすぐ辞めるから育てない」は合理的?(2015年6月11日)
・女性が「戦力ダウン」する組織は何が問題か 「仕事の質」は評価されているか(2015年5月14日)

・東風伊吹:「パートタイム正社員」導入で、女性が働きやすくなるか?(PRESIDENT Online 2015年8月6日 ― PRESIDENT 2015年3月16日号)

・WORK AGAIN 元キャリア主婦の新しい働き方(東洋経済 ON LINE) 記事一覧
 こういう記事があります
・「女性が辞めない会社」は育休後に賞与を出す 年収の15%を「特別ボーナス」として支給(2015年6月19日)
・フランス女性はなぜ仕事を続けられるのか 「母親の仕事」がやたら多い日本と大違い(2015年4月29日)

・「同一労働、同一賃金、そりゃ無理だ」って、イケアでも言われました。 イケアジャパン 泉川玲香さん 第1回(日経ビジネス ON LINE 2015年4月3日)
・「仕事が面白くないなら、あなたのために辞めてください」 イケア・ジャパン 泉川玲香さん 第2回(日経ビジネス ON LINE 2015年4月10日)
・会社は「世界一大切な場所」じゃない イケア・ジャパン 泉川玲香さん 第3回(日経ビジネス ON LINE 2015年4月17日)
・育児も、介護も支える。それが人事の仕事じゃないか? イケア・ジャパン 泉川玲香さん 第4回(日経ビジネス ON LINE 2015年4月24日)

・岡村進:主婦パワーと大企業の中高年パワーこそが、日本再生のカギだ!(日経ビジネス ON LINE 2015年6月12日)

・タブ タカヒロ:「女性はマルチタスクが得意」は誤解だった たまった仕事をテキパキ片付けるには?(東洋経済 ON LINE 2015年05月11日)
・タブ タカヒロ:「女性のほうが優秀」と言われるのはナゼ? 男女の得意分野の違いをとことん考える(東洋経済オンライン 2015年4月27日)

・2年の介護で変わった夫と愛犬さくらと私の関係 -DeNA創業者 南場智子(PRESIDENT ON LINE 2015年5月10日 << PRESIDENT 2014年1月13日号)

・育児と仕事のリアルに触れ、固定概念を打ち砕く・堀江敦子(日経ビジネス ON LINE 2014年11月17-18日) 前篇  後編

・古川武士:退社時間を死守すれば、脳が冴えるよみがえる 得する習慣、損する習慣【29】(PRESIDENT Online スペシャル 2015年7月6日)
・ドイツ人が午後5時で仕事を終える理由 独ローランド・ベルガー創業者、ローランド・ベルガー氏に聞く(日経ビジネス ON LINE 2015年5月18日)

・スイスの視点で日本のいまを読み解く一覧(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー)
・第1回 データが語る「失われなかった20年」 スイスの研究者が覆す、日本の“常識” 2015.03.30
・第2回 大学進学率と非正規雇用の意外な関係性 スイスの研究者が日本の労働市場を読む 2015.04.06
・第3回 女性の雇用は“大躍進”を遂げていた 「失われた20年」のもう1つの真実 2015.04.13
・最終回 バブル水準の予測から1000万超の雇用創出 「失われた20年」の思いがけない遺産 2015.04.20

・「入ると不幸になる」ブラック企業の見分け方(President Online 2013年4月16日 << PRESIDENT 2013年3月4日号)

・中原圭介の未来予想図 バックナンバー(東洋経済オンライン) 次のような記事があります
・日本人の生活は、ますます苦しくなっている 政権にすり寄る「御用メディア」に騙されるな(2015年7月17日)
・安倍政権下で景気回復を実感できない理由 「過去最高水準の賃上げ」に隠れた真実(2015年3月26日)
・アベノミクスで、失業率は低下していない 日本経済の構造変化を無視する「リフレ派」(2015年3月2日)

・「貧困大国」アメリカは、衰退していくのか 人気エコノミスト中原圭介氏に聞く【前編】(東洋経済オンライン 2015年4月20日)
・日本は米国の「血も涙もない経営」をまねるな 人気エコノミスト中原圭介氏に聞く【後編】(東洋経済オンライン 2015年4月25日)

・高城幸司:なぜあの新興企業には人が集まるのか? 知名度がない企業が、採用で勝つ仕掛け(東洋経済オンライン 2015年4月27日)

・ニート、フリーターが10日間の研修で正社員 採用難が生む人材紹介の新モデル(日経ビジネス ON LINE 2015年4月27日)

・浅川澄一:農家で認知症ケア――オランダで広がる「農業+介護」(ダイヤモンド・オンライン 2015年7月8日)
・「もう一度、社会に戻って働きたい」 農業での再出発・再挑戦を支援する畑の学び(ダイヤモンド・オンライン 2015年7月8日)

・中沢孝夫:日本のモノづくりは、今も世界最強である 大手メーカーのリストラ報道に惑わされるな(PRESIDENT 2013年5月13日号)

・冨山和彦×田原総一朗:「ローカル企業の年収100万円アップ」戦略 【1】 【2】(PRESIDENT Online 2014年10月16日)
・田原総一朗:ローカル企業は社員のプライドを取り戻して強くなれ(Nikkei BP net 2014年8月26日)

・コマツ流、儲かる地方創生(日経ビジネスON LINE 2015年3月10日)

・“日本のピケティ”が見た日本の格差拡大 橘木俊詔・京都大学名誉教授に聞く(日経ビジネス ON LINE 2015年3月2日)

・特別鼎談 - 上野千鶴子・松井久子・海老原嗣生:「女性活躍社会」のウソとホント
 (上)「女性活躍」は、まやかし~産めよ働けよの圧力(日経ビジネス ON LINE 2015年1月16日)
 (中)頑張らない女が悪い!?~「限界ウーマン」の涙(日経ビジネス ON LINE 2015年1月23日)
 (下)「一人一殺」。一生かけて男ひとりを変える(日経ビジネス ON LINE 2015年1月30日)

・コンビニバイトが「派遣」に変わる マイナンバーが揺さぶる企業の採用活動(日経ビジネス ON LINE 2015年1月21日)

・高齢者に稼がせれば日本の問題は解決だ!? 水野和敏氏に聞く(日経ビジネス ON LINE 2015年1月16日)

・オバマケアの問題は日本にとって対岸の火事ではない 『沈みゆく大国―アメリカ』の著者、堤未果氏に聞く(日経ビジネス ON LINE 2014年12月19日)

・内藤 耕:連載「賃上げで勝つカイシャ」(『日経ビジネスON LINE』2014年2月~9月)
 次のような記事があります
 ・2014年9月25日 社員の待遇改善でドライバーの流出が止まった 埼玉県の路線バス会社イーグルバス(後編)
 ・2014年9月11日 赤字の地域路線バスを止めないため、賃上げを決意 埼玉県の路線バス会社イーグルバス(前編)
 ・2014年8月28日 給料を上げた方が、会社は得をする 佐賀県の地域運送会社「トワード」(後編)
 ・2014年8月21日 「1-2-3大作戦」で賞与を取り戻す 佐賀県の地域運送会社「トワード」(前編)

・2万2000人強の障害者を雇用するサムハル(日経ビジネス ON LINE 20140919)

・筒井美紀「日本が学べるアメリカ就労支援の創意と工夫」(SYNODOS、2014年9月17日)

・田村耕太郎:タテマエばかりの“外国人実習生”―“外国人労働者”受け入れをホンネで議論せよ
 (『日経ビジネスON LINE』2014年6月4)


(目次に戻る)