社会保障・医療


高齢者優遇と医療費拡大、悪いのは誰だ? 医療政策学の若手論客・津川友介氏に聞く(日経ビジネス ON LINE 2017年6月19日)

・みわよしこ:トランプ政権は貧困層や障害者に致命的な打撃を加えるのか?――日本人の知らないアメリカの「共助」を探る 三輪佳子氏インタビュー(SYNODOS, 2017.03.07)

・みわよしこ:連載記事「生活保護のリアル~私たちの明日は?」(ダイヤモンド・オンライン 2015年3月~ )
 最近の記事
 - 2017.3.10 生活保護の不正受給が深刻化しているという「定説」の怪しさ
 - 2017.2.3 貧困への落とし穴はあらゆる家庭に。現実から目をそらすな
 - 「働いたら損をする」仕組みが生活保護制度を歪めている (2016.11.18)
 - 生活保護引き下げの防波堤・厚労省の「やる気スイッチ」はいつ入るか? (2016.11.04)
 - 「親子の貧困連鎖」に立ち向かう民間研究会が見た現実 (2016.10.28)
 - 「人間って何だ?」生活保護引き下げ反対訴訟の慟哭 (2016.10.14)

・みわよしこ:連載記事「生活保護のリアル」(ダイヤモンド・オンライン 2012年6月~2015年2月)
 最後の2つを紹介すると・・・
・政策ウォッチ編・第94回:「生活保護が惰民をつくる」は本当か?
  社会福祉学者・岩田正美氏と生活保護制度の未来を考える[2015年02月06日]
・政策ウォッチ編・第93回 結論ありきで生活保護削減を決めた厚労省の非情
  社会福祉学者・岩田正美氏インタビュー[2015年01月30日]

・山崎元:「日本型ベーシックインカム」をもう一歩進める一案(ダイヤモンド・オンライン 2017年02月01日)
 「山崎元のマルチスコープ」より
・古川元久:税制に社会保障的な機能を持たせる 日本型ベーシックインカム構想を提唱(2017年01月06日)

・<論点>給付型奨学金を考える(毎日新聞 2017年1月27日)

・長谷川眞理子:自由・平等・福祉の論じ方 生物的性差、基礎知識に(毎日新聞2016年12月11日「時代の風」) PDF書類

・仏歴史人口学者・トッド氏に聞く 日本の社会保障 人口減、黒船より脅威 「国がケア」へ転換を(毎日新聞2016年12月7日) PDF書類
・エマニュエル・トッド氏 「介護・子育て、負担減らせ」 低出生率、日本に提言(毎日新聞2016年12月5日)

・藤田孝典:貧困若年層は、老人と同じく税金で支援せよ 「働かせる」では解決不可能な時代に突入した(東洋経済オンライン 2016年11月07日)

・貧困を議論するより、「痛み」の緩和が先だ 激論!鈴木大介×「失職女子」大和彩<前編>2016年09月30日
・貧困者を救済するには、何をするべきなのか 激論!鈴木大介×「失職女子」大和彩<後編>(東洋経済オンライン 2016年10月01日)

・シリーズ 鈴木大介:「貧困報道」は問題だらけだ(東洋経済オンライン 2016年6月8日~ )

・待機児童問題解消への4つの提言 「福祉」の呪縛から抜け出せるか(日経ビジネスOnline 2016年7月26日)

・コラム「社会保障非常事態宣言 増税延期の罪」(日経ビジネス ON LINE 2015年6月27日~ )
・河野紀子:質を下げずに医療費を削減した広島県呉市 権利の主張ばかりでは医療は破たんする 2015年6月27日

・橘玲:北欧は、「新自由主義(ネオリベ)型福祉国家」に変貌していた(ダイヤモンド・オンライン [橘玲の世界投資見聞録] 2016年6月23日)

・柴田悠:マツコ・デラックス提案「子どもにかかるお金は国が責任を」実現させるには(PRESIDENT 2016年6月13日号/PRESIDENT Online 2016年6月24日)

・かかりつけ医拡大へ 幅広い健康問題、解決まで患者支え 英国の家庭医に聞く(毎日新聞 2016年6月5日 東京朝刊)
・かかりつけ医拡大へ 総合的診療、人材育成急ぐ 日本(毎日新聞 2016年6月5日 東京朝刊)
・質問なるほドリ かかりつけ医、なぜ推進?=回答・堀井恵里子(毎日新聞2016年3月28日 東京朝刊)

・河合薫の「新・リーダー術 上司と部下の力学」 バックナンバー(日経ビジネス ON LINE) 次のような記事があります
・内心、「医者は酷使されていい」と思ってない? 「聖職」視の陰で酷使される勤務医の実態(2016年6月14日)
・衆院厚労委のALS排除に見る日本の深刻な在り様 「特別扱い」の先にはない、日本に必要な「合理的配慮」(2016年5月31日)
・介護離職の先に待つ「悲惨な現実」 負のスパイラルが生む「孤独死」「老後破産」「下流老人」(2015年12月22日)
・女性活躍の陰で増殖する「帰宅恐怖症」夫 「2020年に2時間30分」という“夢”に挑(2015年11月17日
・「三世代同居」は最高の子育て・介護支援策? 血縁より大事な「助け合える」関係(2015年11月10日)
・「SOSを出せない子供」とシングルマザーの悲しい関係 “自立”だけにこだわる貧困対策には限界がある(2015年3月17日)
・子どもの“貧困率”増加と「努力しない」部下の暗澹たる関係 6人に1人が貧困、止まらない負の連鎖(2014年7月22日)

・シリーズ:鈴木寛「混沌社会を生き抜くためのインテリジェンス」(ダイヤモンド・オンライン 2014年02月13日~ )より
 -日本が目指すべき国家戦略は「難病治療の最後の砦」(2016.05.23)
・患者に優しい日本で医療革新が起きにくい残念な理由(2016.04.29)

・今野晴貴×藤田孝典:「働いても幸せになれない日本」に生きる若者 労働はもう日本の貧困対策を担えない(東洋経済オンライン 2016年05月01日)
・今野晴貴×藤田孝典:日本を「貧困大国」にさせないための処方箋 教育、雇用、住宅の自助努力はもう限界だ(東洋経済オンライン 2016年05月06日)

・平田オリザ×藤田孝典:この国は、もう子どもを育てる気がないのか 日本は「想像力が欠落した国」になっていた(東洋経済オンライン 2016年04月24日)

・岸 博幸:日本でベーシックインカムは成り立つか(ダイヤモンド・オンライン 2016年1月8日)

・アンソニー・アトキンソン:貧困度の高い日本は格差是正策を打つべきだ OECD加盟34カ国で6番目に高い貧困度(東洋経済オンライン 2015年12月21日)
・山形浩生:格差が拡大した原因は、「資産」だけではない あのピケティをたしなめた「師匠の言葉」(東洋経済オンライン 2015年12月05日)
 ― アンソニー・アトキンソン『21世紀の不平等』とトマ・ピケティ『21世紀の資本』とについて
・トマ・ピケティ:平等な社会に向けた現実的なビジョン(東洋経済オンライン 2015年11月27日)
 ― アンソニー・アトキンソン『21世紀の不平等』日本語版へのトマ・ピケティによる序文を全文掲載したもの

・シリーズ 浅川澄一「医療・介護 大転換」(ダイヤモンド・オンライン 2014年7月~ ) 全記事一覧
 次のような記事があります
 第49回 2016年02月17日 「安易に大病院に行かない」ことを推進する診療報酬改定の意味
 第42回 2015年10月28日 訪問特化型診療所の公認が“日本人の死に方”の転換点に?

・「知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴」(ダイヤモンド・オンライン 2011年01月~ ) 全記事一覧
 次のような記事があります
・第104回 日本は世界一医療費が高い米国の轍を踏んではならない[2015年10月22日]日
・第100回 病気予防政策で医療費がむしろ増加するという逆説[2015年07月30日]

・江村英哲:本当は「働きたくない」だけなんじゃないの? 「無業社会」著者とのバトルトーク一部始終(日経ビジネス ON LINE 2014年10月15日)

・「現役世代だけが支える社会保障制度は、見直すべきだ」 森田朗・社会保障・人口問題研究所所長に聞く(日経ビジネス ON LINE 2015年9月14日)

・シリーズ:中川雅之「2000万人の貧困」(日経ビジネス ON LINE 2015年3月23日~9月4日)より
 以下のような記事があります。
・日本社会の「前提」が崩れ、貧困が生まれている 首都大学東京・阿部彩教授に聞く(2015年9月4日:最終回)
・「奨学金、当社が代わりに返します」 企業は家計に無関心でいられるか(2015年9月3日)
・西友の「5日間の就労支援」が変えたある人生 “引きこもり”を社会に戻せ(2015年9月2日)
・「1人への支援が、社会のためになる」 「困窮者自立支援法」モデル都市の市長の提言(2015年9月1日)
・「無料低額宿泊所」を知っていますか 福祉はどこまで高められるか(日経ビジネス ON LINE 2015年4月1日)
・“最強外資”ゴールドマン・サックスが貧困に投資する理由 「慈善じゃない。結果を出せ」(日経ビジネス ON LINE 2015年3月31日)
・「大学にさえ行けばいいなんて、イリュージョン」“学生の借金1兆円”が映すこの国の歪み(上) 遠藤勝裕・日本学生支援機構理事長に聞く(日経ビジネス ON LINE 2015年3月26日)
・「今の公教育は異常。異常を拡大するな」“学生の借金1兆円”が映すこの国の歪み(下) 遠藤勝裕・日本学生支援機構理事長に聞く(日経ビジネス ON LINE 2015年3月30日)
・脱・貧困、足立区で始まった挑戦 「置き去り教育」からの卒業(日経ビジネス ON LINE 2015年3月25日)

・治部れんげ:安倍首相、「シングルマザー特区」が必要です! 納税者も納得する新しい支援のかたちとは(東洋経済オンライン 2015年3月15日)
・治部れんげ:「シングルマザーの貧困解決」ひとつの道筋 革新的な取り組みが岩手にあった!(東洋経済オンライン 2015年3月13日)

・“日本のピケティ”が見た日本の格差拡大 橘木俊詔・京都大学名誉教授に聞く(日経ビジネス ON LINE 2015年3月2日)

・オバマケアの問題は日本にとって対岸の火事ではない 『沈みゆく大国―アメリカ』の著者、堤未果氏に聞く(日経ビジネス ON LINE 2014年12月19日)

・2万2000人強の障害者を雇用するサムハル(日経ビジネス ON LINE 20140919) PDF書類健康保険が危ない 崩壊前夜!日本の医療 スペシャルレポート (『Nikkei BP Net 』、2014年)
(以下のような記事が掲載されています=2014年11月17日現在)
 - スペシャルレポート Vol.7 経営を圧迫する保険料率の値上げ 企業における医療コストの急激な上昇が生産活動を蝕む要因に
 - スペシャルレポート Vol.6 病気は「治す」から「防ぐ」時代 健診・人間ドックを上手に活かす
 - スペシャルレポート Vol.5 高齢化で企業・現役世代が直面する限界 医療経済の視点から探る増大必至の"高齢者医療負担"への処方箋
 - スペシャルレポート Vol.4 企業健保の挑戦 保健指導を強化し、「健康経営」を目指す
 - スペシャルレポート Vol.3 医療費削減につながる適正受診 「かかりつけ医」「総合診療医」ではしご受診・頻回受診を防ぐ
 - スペシャルレポート Vol.2 悲鳴を上げる現役世代:後編 健保組合の解散は「国庫負担増」と「医療費の削減・適正化手段の喪失」に直結
 - スペシャルレポート Vol.1 悲鳴を上げる現役世代:前編 団塊の世代が65歳に到達し、現役のあなたを襲う高齢者医療負担
 - コラム Vol.7 「社会保障・税の一体改革」の深層④ 持続可能な財源確保と経済成長を考慮した健康保険制度の再構築
 - コラム Vol.6 「社会保障・税の一体改革」の深層③ 後期高齢者支援金における「全面総報酬割」導入案の背景と問題点
 - コラム Vol.5 「社会保障・税の一体改革」の深層② 現役世代に過重な負担を強いる「前期高齢者医療」の問題点
 - コラム Vol.4 「社会保障・税の一体改革」の深層① サラリーマンを圧迫する国保の脆弱な財政基盤
 - コラム Vol.3 天野拓氏 熊本県立大学准教授 オバマケアの課題から見えてくる日本の「国民皆保険制度」の重要性
 - コラム Vol.2 データで見るニッポンの医療費② 良質な医療を持続するために欠かせない国民一人ひとりの意識改革
 - コラム Vol.1 データで見るニッポンの医療費① 少子高齢化による人口構成の歪みで国民皆保険は危機的状況
 - 有識者インタビュー Vol.2 土田武史氏 早稲田大学 名誉教授 持続可能な国民皆保険を構築するために
 - 有識者インタビュー Vol.1 渋谷健司氏 東京大学 教授 国民皆保険の意義と課題解決の道筋
 - 健保マンガ劇場 第五話 持続可能な健康保険制度とするために 今こそ声を上げるとき
 - 健保マンガ劇場 第四話 企業経営を圧迫する高齢者医療負担 企業の成長が止まる日
 - 健保マンガ劇場 第三話 高齢者を支えきれるのか 押し潰される現役世代
 - 健保マンガ劇場 第二話 もしも健康保険制度が崩壊したら 恐怖の医療費全額負担
 - 健保マンガ劇場 第一話 もしも健康保険制度が崩壊したら 健康保険 崩壊の幕開け

・NPO法人 医療制度研究会 ~21世紀の医療を共に考える会~



(目次に戻る)