憲法と安全保障/戦争と平和


シリーズ「私の憲法改正論」(日経ビジネス・オンライン)
 次のような記事があります
 - 2017年9月13日 「9条は全面削除しても何の支障もない」 戦争を放棄したのは日本だけではない
 - 2017年8月21日 今は改憲を議論できる時ではない 学習院大学の青井未帆教授に聞く
 - 2017年8月3日 中学生が読んで自衛隊違憲となる憲法はおかしい 国際政治学者・三浦瑠麗氏に聞く
 - 2017年8月1日 憲法学者に聞く、9条の解釈はなぜ難しいのか 9条3項の書き方次第で「実態喪失」になることも
 - 2017年7月20日 船田氏「今のままでの自衛隊明記は不安だ」 自民党の「憲法族」、憲法改正推進本部の本部長代行に聞く
 - 2017年7月19日 もし「自衛権」を国民投票にかけたらどうなるか? 集団的自衛権のカギは憲法9条ではなく13条
 - 2017年7月13日 9条の鍵は「放棄する」「保持しない」の目的語 西 修・駒澤大学名誉教授に聞く
 - 2017年7月12日 枝野氏「安倍首相の言動は全く支離滅裂だ」 自衛隊を合憲化するための憲法改正なら今は「違憲」なのか?
 - 2017年7月11日 石破氏「安倍首相の憲法改正案では不十分」 都議選で大敗を喫した自民党、憲法改正論議に影響はあるのか

・シリーズ:瀬谷ルミ子、紛争地で培った「瀬谷流」実践仕事術(日経ビジネス ON LINE 2016年4月26日~ )
 次のような記事があります。
 - 2016年5月26日 交渉は相手に会う前から始まっている
 - 2016年5月10日 NGO、国連、外務省と明確な目的をもって転職
 - 2016年4月26日 アフガン、南スーダンとビジネスの現場の共通項

・「クーデター」で立憲主義破壊 憲法学者、石川健治・東大教授に聞く(毎日新聞2016年5月2日 東京夕刊)

・神田憲行「今だから知りたい 憲法の現場から」(日経ビジネス ON LINE 2016年3月16日~ )
 次のような記事があります。
 - 2016年7月13日 性的少数者が憲法に問うた「家族」「幸福」の形 最高裁勝訴から考える「自分らしく生きる権利」
 - 2016年5月17日 集団的自衛権「合憲」学者の論理と倫理 九州大学法学部准教授・井上武史氏
 - 2016年4月28日 市民からの問いこそが憲法の本質 “市井の憲法学者”西成法律事務所・遠藤比呂通弁護士
 - 2016年3月30日 GHQでなく日本人が魂入れた憲法25条・生存権 「600円では暮らせない」生存権問うた朝日裁判
 - 2016年3月16日 「父殺しの女性」を救った日本初の法令違憲判決 憲法第14条と「尊属殺人」

・2015.11.13. パリ同時テロに関連して
 - 小田嶋隆:お花畑は燃えているか(小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明 ― 日経ビジネス ON LINE 2015年11月20日)
 - 911のテロ事件の10日後の空気の中で、平然と「イマジン」を歌ってみせた、ニール・ヤングの空気を読まない偏屈ぶりにあらためて強い共感を抱いたことを覚えている。 
 - 荻須真尚:その時、日本の寺に嫁いだフランス人妻は 「報復の連鎖を止める」仏教的視座(日経ビジネス ON LINE 2015年11月19日)
 - クルーグマン氏「テロへの恐れが最大の危険」 パニクる西側諸国が今すべきこととは(東洋経済オンライン 2015年11月18日)
 - 教皇フランシスコ:「神の名における暴力は神に対する重大な冒涜行為」 2015年11月15日
  教皇フランシスコは、サンピエトロ広場に集まった大勢の信者とともに、教皇公邸書斎の窓から「お告げの祈り」をささげました。
  これは祈りの後に教皇が述べたことばの紹介です。 フランス語版  英語版  もどうぞ
  「お告げの祈り」(その前と後のことばも含めて)のビデオもどうぞ(イタリア語)
 - Dominique de Villepin à propos de l'Etat islamique - France 2, sans date [2015.11.14.?]

・新安保法はなぜ泥沼の論争に陥ったのか(上・下) 山元 一・慶応義塾大学教授インタビュー(ダイヤモンド・オンライン 2015年10月15日)

・田岡俊次:「積極的平和主義」で戦死者を出し、安倍首相が窮地に立たされる日(ダイヤモンド・オンライン 2015年10月1日)

・ダイヤモンド・オンライン編集部「「日本」を考える~私たちはどこへ向かうべきか」(ダイヤモンド・オンライン 2015年7月27日~8月19日)
 - 第1回 木村草太氏に聞く 安保法案はなぜ批判されるのか(上・下)(2015年07月27.)
 - 第2回 原爆投下直後の焼け野原で保険金支払いに奔走した、第一生命広島支社長の気概(2015年08月06.)
 - 第3回 東郷和彦氏が説く 歴史認識問題を克服するための「道徳観」(2015年08月10.)
 - 第4回 白井聡氏が語る 戦後の日本はなぜ尊敬されないのか?(2015年08月11.)
 - 第5回 なぜ安倍首相は「安保法案」で生き急ぐのか? 尋常ではない執念の背景 ジャーナリスト・嶋矢志郎(2015年08月12.)
 - 第6回 過ちを認められない日本がドイツの謝罪に学ぶこと 元共同通信ワシントン支局長、ジャーナリスト・松尾文夫氏に聞く(2015年08月13.)
 - 第7回 「村山談話」を書いた元官僚・谷野作太郎氏、その誕生秘話と意義を明かす(2015年08月13.)
 - 第8回 田中均、藤崎一郎、宮本雄二が徹底討論(上) 安定のアジア構築に日本が果たすべき役割 外務省OB3人が見据える「日本の進路」とは?(2015年08月14.)
 - 第9回 田中均、藤崎一郎、宮本雄二が徹底討論(下)日中・日韓の歴史問題は解決できるか? 外務省OB3人が考える「アジアの未来」とは?(2015年08月15.)
 - 第10回 小林よしのり氏が斬る! 日本の進路を誤らせる「エセ保守」の深刻(2015年08月15.)
 - 第11回 安保法制と安倍談話で考える、日本は「あの戦争」から学んでいるか?(上・下) 政治ジャーナリスト・松井雅博(2015年08月18.)
 - 第12回 「心に響く安倍談話」はどうすれば実現できたか? ジャーナリスト・嶋矢志郎(2015年08月19.)

・佐藤千矢子:安保転換を問う 徴兵制 ◇解釈改憲が広げる不安=(毎日新聞「社説:視点」2015年08月02日)

・東洋経済オンライン編集部:民主党が考える「安保法案の問題点」とは? 16日の衆院本会議での岡田代表演説全文(東洋経済オンライン 2015年07月16日)

・大木俊治:安保転換を問う ドイツの教訓 「戦死者」を出した苦悩(毎日新聞2015年07月19日「社説:視点」)
・増谷文生:学問は権力の下僕ではない…京大有志の声明、共感広がる(朝日新聞デジタル 2015年7月18日22時20分)

・なぜ私たちは安保法制に反対なのか 憲法学者16人によるリレートーク(SYNODOS 2015.07.10 Fri)
・「紛争解決請負人」が語る安保関連法案 伊勢崎賢治×荻上チキ(SYNODOS 2015.07.08 Wed)

・安保法制・私はこう考える:戦場の現実を議論に 地雷処理専門家・高山良二さん(68)
(毎日新聞 Web版 2015年07月14日 東京朝刊)
・毎日新聞社説:安保転換を問う 衆院委員会採決(毎日新聞 Web版 2015年07月16日 02時30分)
・安保法案:立憲主義、危機深く 憲法学者・長谷部恭男氏「国民、気づき始めた」(毎日新聞 Web版 2015年07月16日 東京朝刊)

・安保法案、議論は尽くされたか 澤地久枝さんらに聞く 編集委員・駒野剛 古屋聡一(朝日新聞 Web版 2015年7月16日)
・朝日新聞社説:安保法案の採決強行―戦後の歩み 覆す暴挙(朝日新聞 Web版 2015年7月16日)

・「自民党議員は『保守』ではなく『ネトウヨ』」安保法案・小林よしのり氏に聞く(上) 弁護士ドットコム 2015年07月14日
・言論の領域が狭まれば日本も「北朝鮮」になる 漫画家小林よしのり氏が「言論の自由」を語る 弁護士ドットコム 2015年07月16日(東洋経済オンライン 2015年07月16日)

・世界の紛争地域を仕切る“流しの村長”が行く 『本当の戦争の話をしよう』著者・伊勢崎賢治さん(1)(日経ビジネス ON LINE 2015年3月24日)
・「殺人」と「軍事攻撃」の違いとは何か 『本当の戦争の話をしよう』著者・伊勢崎賢治さん(2)(日経ビジネス ON LINE 2015年3月25日)
・お年寄りの方が、リアルな戦争を知らない 『本当の戦争の話をしよう』著者・伊勢崎賢治さん(3)(日経ビジネス ON LINE 2015年3月26日)

・土居丈朗:日本は「戦争をできる国」にはなれない 財政から見た自衛隊の「本当の姿」(東洋経済オンライン 2015年3月9日)
・陸自特殊部隊「伝説の男」が対テロ戦争を語る 根本にあるのは格差、日本企業も当事者だ(東洋経済オンライン 2015年3月9日)
・戦争において、国家は必ず国民に嘘を付く ヒトラーの演説でも「平和」を連呼していた(東洋経済オンライン 2015年3月7日)
・日本人は、「本当の戦争の現場」を知らない 「紛争屋」が語る、今の国際紛争の現実(東洋経済オンライン 2015年2月28日)


(目次に戻る)