言語とコミュニケーション/グローバリゼーション

言語・文化/国際的に活躍する人材


・河合江理子:英語の公用語化って何?(『日経ビジネスON LINE』2010年9月7日~72011年6月28日)

・河合江理子:自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい(ダイヤモンド・オンライン、2013年7月29日~2015年5月22日)

・河合江理子:インタビュー「グローバルキャリアを捨てて帰国・その真意は」(『日経ビジネスON LINE』2014年6月13日~7月11日)
 - 2014年6月13日 「ロールモデルになるんじゃないかと思いまして」
 - 2014年6月20日 「国際機関で日本人は少数派という状況を変えます」
 - 2014年6月27日 「200%の全力で走れば、満足できる人生を送れる」
 - 2014年7月4日 「アメリカでは、成功しても人間的な生活ができないと思ったんです」
 - 2014年7月11日 「英語を学ぶのは“スポーツ”と考えた方がいいですよ」Analyze + Summarize
 - 個として飛び出すグローバル 
  以下のような記事があります
  ・ 中途半端な「グローバル人材」はいらない…か?
  ・『グローバルに活躍できる子供を育てるには?』という質問について考えてみる②
  ・『グローバルに活躍できる子供を育てるには?』という質問について考えてみる①


(目次に戻る)