紙の辞書 それとも 電子辞書?


紙の辞書 VS 電子辞書:それぞれの利点と欠点

紙の辞書

電子辞書

教師の立場から

教師としては、とくに初心者には、紙の辞書を強く薦めたいところだ。
一覧性の悪さ、語法・用例の調べにくさは、学習上、大きなマイナスであるからだ。

しかし、留学を考えている人には、電子辞書の利点は大きい。留学中には、英語辞典や国語辞典も必要になることがよくある。いや、日本にいるときも実は必要だ。

さらに、これだけ電子辞書が普及していることを考えれば、むしろ電子辞書の便利さを積極的に評価しつつ、その不利な点を克服する賢い使い方を学生に教えることが、いまでは必要なのではないかとも思ったりする。

だから、フランス語をしっかり続けようとするなら、どういう選択をすべきか、アドバイスすることにしよう。

ここではフランス語を専修言語=第1外国語として学ぶ人を対象とする。
第2外国語としてフランス語を学ぶ人は、とりあえず学習仏和辞典のなかから、一番新しく改訂版が出た辞書を選べばよいだろう。

選択肢1:電子辞書は買わず、最初から『ロワイヤル仏和中辞典(第2版)』+付属CD-ROMを使う ― 経済的負担は最も軽い。辞書の使い方を早く身につけるためにもこの方法が適している。

選択肢2:最初は紙の辞書(学習仏和辞典)を使い、2年目くらいから電子辞書に切り替える ― 経済的負担は重いが、辞書の使い方になじむにはこの方法がスムーズ。

選択肢3:紙の辞書は買わず、電子辞書だけを使う ― 学習仏和辞典の価格分だけは節約できるが、最初から気合を入れて電子辞書の賢い使い方を覚えないと、いつまでたってもレベルアップできない危険がある。もちろん、紙の辞書だって、いい加減な使い方しかしなければ、結果は同じだが・・・