冨山和彦『30代が覇権を握る! 日本経済』(PHPビジネス新書、2012


内容紹介(「BOOK」データベースより)


「団塊世代」など、おカネに余裕がある高齢者の意見がまかり通る日本。
一方、働き盛りの
30代は、年金や介護、医療費の 負担増を強いられ、上がらない給料をやりくりしながら苦しんでいる。
このままでは日本経済の活力が完全に失われる

本書では、高齢化社会のため の負担増を真っ向から否定。
「おカネがある世代は、自力で生き抜く」ことを前提に、年金、医療問題のシンプルな解決策を提案。
働き盛り世代のモチベーションが上がるアイデア満載の経済オピニオン書。