留学に関するQ&A

Q.  留学って費用がかかるのでは・・・?

A.  経済的な理由で留学を諦めることがないよう、学生の夢を後押しています。
一般的な留学制度では、日本の大学と留学先の大学へ二重の学費が発生します。その負担を軽減すべく、長崎外大では留学先の学費がかからない留学プログラムを設けています。学費がかからないということは、基本的に渡航費・生活費のみの出費で留学ができるということです。留学しなくても、国内での生活費がかかるということを考えれば、一般的な留学制度との費用の差は一目瞭然です。

Q.  留学中はどれくらいお金がかかりますか?

A.  留学をすると、一般的には毎月数十万円の費用がかかります。その費用の多くを占めているのが授業料です。そのため、長崎外大では、授業料のかからない留学プログラムなど費用の負担を軽減する制度を設けています。下の表は、長崎外大から中国に留学をした学生の1ヵ月あたりの出費例です。一般的な留学との費用の差は一目瞭然です。

1ヶ月あたりの費用内訳(中国に留学したTさんの場合)
授業料 0円
(交換留学で授業料はゼロ)
家賃 約40,000円
食費 約20,000円
交際費・娯楽費 約20,000円

Q.  留学先でトラブルが起こったら心配です。

A.  トラブル”0”を目指した事前準備と”まさか”のときの対処法を整備しています。

保護者向けサポート
保護者説明会

留学前には、留学が決まった学生の保護者を対象とした留学説明会を実施しています。留学プログラムについてはもちろん、システム全般から留学地域ごとの情報など細かいところまでお話します。これまでに多くの学生を留学先へ送り出し、各国の留学先を熟知している留学アドバイザーや教職員から、保護者の方々へ詳細に説明します。

学生向けサポート
長崎外大SNS「G-net」

留学中は「G-net」という長崎外大独自のSNSを通じて、教職員や留学を経験した先輩学生とやり取りすることができます。留学報告書の提出なども「G-net」上で行い、常に近況を共有するツールとなっています。疑問や不安をタイムリーに解消することが可能です。また、現地の状況や外務省の情報など安全に関する重要事項は、学生個々に連絡する他、この「G-net」にも掲載されます。

留学許可書授与式

留学の準備を整え、いよいよ渡航を控えた学生の留学先での健闘を祈り、留学許可書の授与式を行っています。また、保護者の方にもご参加いただき、出発を目前に控えての説明会を行います。

海外保険

留学をする学生は、突然の病気や事故に備え、24時間日本語で対応できる海外保険に加入します。また、JCSOS(海外留学生安全対策協議会)にも加盟しており、日頃から情勢変化などに備えた危機管理体制に万全を期しています。

Q.  留学先で取った単位の認定ってどんなメリットがあるのですか?

A.  留学先で学んだことが単位として認められない場合、4年間で卒業することができなくなります。長崎外大なら留学先での学びが単位として認定されるので、時間や学費を新たに作り出す必要はありません。

単位取得例 (卒業に必要な単位数:124単位)
1年次 36単位
2年次 38単位 6月~翌年7月までの1年間に、
アメリカに留学。
この期間に取得した単位も認定されます。
3年次 38単位
4年次 12単位 4年次からは教員免許取得のための勉強や
就職活動に集中して取り組むことができます。

Q.  留学中に意識して取り組むべきことってどんなことですか?

A.  恥ずかしがらないこと、言葉や文化への壁を取り払い、積極的に発言することです。せっかくのチャンス。待っているだけでは何もはじまりません。こちらが心を開けばすぐに打ち解けることができるでしょう。

 

 

 


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。