ドイツ語専修

EU圏内で最大の話者人口。
言語と文化を学び、ヨーロッパの歴史と未来を知る。

ドイツ語専修の特色

ドイツ語をじっくりと学ぶことで、ドイツ語圏の文化についても理解ができます。それは、言葉がすべての事象を理解する入り口であるばかりでなく、すべての事象の本質を示してもいるからです。ドイツ語を基礎から学び、映画や音楽を通して文化に触れ、留学生と交流し、イベントや検定試験などに積極的に参加することで、音楽や文化、思想や科学技術、環境対策などにおいて独自の地位を築いてきたドイツ語圏の魅力を体感してください。

Point 01:日常生活から応用レベルまで幅広い語学力を習得する
Point 02:少人数制でまるで家族のような雰囲気
Point 03:ドイツ語週間や宿泊研修などイベントがたくさん!

Student’s voice
家族のように温かくて、優しい先生が支えてくれます。

ドイツの催事や料理を教室で再現するなどして、工夫しながら文化や言葉を学んでいます。先生方が家族のように温かく接してくれるので、毎回授業を受けることが楽しみ。以前は漠然とした興味だったものが、ドイツ語の発音の格好良さ、文法の法則の美しさに気づき、ゼロから学べることの楽しさを実感中です。

国際コニュニケーション学科
ドイツ語専修2年
田邉 七海さん

Teacher’s voice
ドイツ語を学ぶことで豊かな教養が身につきます。

世界的な哲学者・作家・音楽家を輩出しているドイツ。またWebページで、英語に次いで多く使用されている言語もドイツ語です。ドイツ語を知ることで、新旧の幅広い情報を得ることができ、就職にも有利でしょう。明るい雰囲気のクラスなので「失敗を恐れてコミュニケーションができない生徒」は一人もいません。

国際コミュニケーション学科ドイツ語専修
クラウディア マラ

カリキュラム / 到達目標と各種検定試験

p22-02

授業紹介  「資格ドイツ語」

この授業では、ドイツ語技能検定(独検)の対策を行っていきます。ドイツ語を学ぶ学生は、毎年12月に本学で実施されるドイツ語技能検定を受験します。秋学期には受験級ごとに編成したクラスで集中的に訓練を重ね、卒業までに2級~準1級の取得を目指します。他の授業でオーラル・コミュニケーションの力を高める一方で、検定対策の学習を通して、ドイツ語の構造と文法を体系的に身につけることができます。


MESSAGE

ドイツ語の魅力を知り、現代英語学科から転学科しました。
入学当初は現代英語学科に所属しており、ドイツ語は二つ目の言語として専攻していました。ですがドイツ語の授業がとても楽しく、海外セミナーでドイツに1ヵ月行ったこともあって、もっと集中してドイツ語を学びたいと思い、国際コミュニケーション学科・ドイツ語専修に転学科しました。
日本語や英語にはない男性・中性・女性名詞があり、最初はとまどうでしょうが「格好良い言語」だと思います。学ぶ環境にも恵まれていて4月・5月に行われるドイツ語研修やドイツ語週間など、学校が始まってすぐに他の学年と交流できる機会があり、切磋琢磨し合える友人ができました。

国際コミュニケーション学科ドイツ語専修4年
竹下 末恵さん


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。