ドイツ語専修

EUで最も母語話者数の多い言語。
芸術や歴史、経済など、様々な角度からドイツを知る。

ドイツ語専修の特色

ドイツ語をじっくりと学ぶことで、ドイツ語圏の文化についても理解ができます。それは、言葉がすべての事象を理解する入り口であるばかりでなく、すべての事象の本質を示してもいるからです。ドイツ語を基礎から学び、映画や音楽を通して文化に触れ、留学生と交流し、イベントや検定試験などに積極的に参加することで、音楽や文化、思想や科学技術、環境対策などにおいて独自の地位を築いてきたドイツ語圏の魅力を体感してください。

Teacher’s voice

少人数クラスならではのアットホームな雰囲気が魅力。
アットホームで発言のしやすい雰囲気作りを大切にしています。ドイツは哲学者や音楽家を多く輩出している国。ドイツ語を学ぶことは、幅広い教養を身につけることに繋がりますよ。

国際コミュニケーション学科ドイツ語専修
クラウディア マラ

Student’s voice

ドイツ語を楽しく身につける工夫をしながら過ごしています。
ネイティブスピーカーの先生についていくのが大変でしたが、耳が慣れる頃には正しい発音が身についていました。目に入るものをドイツ語で考える癖をつけ、楽しく学ぶ工夫をしています。

国際コミュニケーション学科ドイツ語専修
永田 朋花さん

ドイツ語専修の学びPOINT

Point 01 日常生活から応用レベルまで幅広い語学力を習得する
Point 02 少人数制でまるで家族のような雰囲気
Point 03 ドイツ語週間や宿泊研修などイベントがたくさん!

カリキュラム / 到達目標と各種検定試験

授業紹介  「資格ドイツ語」

この授業では、ドイツ語技能検定(独検)の対策を行っていきます。ドイツ語を学ぶ学生は、毎年12月に本学で実施されるドイツ語技能検定を受験します。秋学期には受験級ごとに編成したクラスで集中的に学び、卒業までに2級~準1級の取得を目指します。他の授業でオーラル・コミュニケーションの力を高める一方で、検定対策の学習を通して、ドイツ語の構造と文法を体系的に身につけることができます。


MESSAGE

卒業までにビジネスレベルのドイツ語を身につけるのが目標です。
国民の6割がドイツ語を母国語として使っているスイスに住むため、大学在学中にレベルの高いドイツ語を身につけたいと考えています。検定や資格の取得はもちろん、ネイティブスピーカーの先生の指導のもと、教科書にはない「生きたドイツ語」を身につけたいです。フレンドリーな先生が多く接しやすいので、他愛もない会話の中からも新しい発見があります。

国際コミュニケーション学科ドイツ語専修2年
山﨑 聖麿さん


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。