田口 武史

プロフィール

氏名 田口 武史  / TAGUCHI Takefumi
所属 外国語学部国際コミュニケーション学科
職名 教授
専門分野 ドイツ語圏の文学・文化・社会史、民衆(伝承)文学

最終学歴

  • 1995年 九州大学文学部卒業(独文学専攻)
  • 1997年 九州大学大学院文学研究科独文学専攻修士課程終了
  • 2004年 九州大学大学院文学研究課博士後期課程独文学専攻満期退学

取得学位

  • 博士(文学、九州大学)2011年

所属学会

  • 日本独文学会
  • 日本独文学会西日本支部
  • 日本独文学会中国四国支部
  • 九州大学独文学会

研究活動

  1. 「民衆啓蒙運動」およびその主導者R.Z. ベッカーの研究。18世紀末期に隆盛した「民衆啓蒙運動」の中で、知識人の思い描く民衆(Volk)像、とりわけ農民のイメージがどのように変化したかを検証している。今後は他の民衆啓蒙家の著作に研究対象を広げて、この思想運動の全体像に迫りたい。
  2. 啓蒙主義における愛国(愛郷)主義、ナショナリズムの研究。ドイツの啓蒙家たちは、「世界市民」を標榜する一方で、郷土愛によって結束する「国民」の育成を目指した。コスモポリタニズムとナショナリズムという相反する志向がなぜ共存できたのか、どのような論理で両者が融合していたかを考察している。
  3. 「民衆啓蒙運動」と後期ロマン主義の接続。「民衆啓蒙運動」が次世代の後期ロマン主義における民衆文学賛美を惹起した、という仮定を立て、両者の思想的影響関係を探っている。「民衆啓蒙運動」を広義の文学的営為と見なすことで、この時代の文学史記述を再検討してゆく。

教育活動

[教育方法・内容の工夫]
学生ひとりひとりの関心や目的に合致した、オーダーメイドの教育を心がけています。自由な対話を通して、学生が抱く漠然とした興味を明確な問題意識へと高め、知識欲を喚起します。また、答えを出すスピードよりも、様々な解釈の可能性に目を配る注意力と綿密な論証を重視し、広く深い「思考の根」を育てます。

[その他特筆すべき事項]
「ドイツ語ドイツ文化海外セミナー」をはじめとして、ドイツ留学を包括的にサポートします。また日常的にドイツとふれ合えるよう、多彩な課外活動を提供します。

主要研究業績

主要論文
  • メールヒェンの>Fort<‐bilden ―Naturpoesie論争におけるヴィルヘルム・グリムの立場―, 浅井健二郎編「ドイツ近代文学における〈否定性〉の契機とその働き」日本独文学会研究叢書051号,2007(平成19)年10月,13?25頁.
  • R.Z. ベッカーの民衆啓蒙運動における政治意識 ―フランス革命以前・以後―,松山大学「言語文化研究」第29巻第2号,2010(平成22)年3月,67-90頁.
  • クニッゲ『人間交際術』における啓蒙批判と実用志向 ―R.Z. ベッカーの民衆啓蒙運動と比較して―,九州大学独文学会「九州ドイツ文学」第24号,2010(平成22)年10月,1?18頁.
  • カント「啓蒙とは何か,という問いに対する回答」における„Publikum“,日本独文学会西日本支部「西日本ドイツ文学」第22号,2010(平成22)年11月,17?29頁.
学会報告
  • Aufgeklärte Volkskultur ―Der Funktionswandel der Volksliteratur durch R.Z. Beckers Volksaufklärung―, Asiatische Germanistentagung 2008 in Kanazawa, 金沢星陵大学,2008(平成20)年8月27日.
  • 1790年の「ドイツ新聞」 ―民衆啓蒙家の伝えたフランス革命―,第60回日本独文学会西日本支部研究発表会,熊本大学,2011(平成23)年12月4日.

科学研究費補助金・その他の競争的研究経費

  • 平成21年度 松山大学特別研究助成「18-19世紀ドイツにおけるVolk(民衆)像 ―その文化的機能と変遷―」 研究代表
  • 平成22年度 松山大学特別研究助成「ドイツ民衆啓蒙運動の諸相 ―18世紀末の知識人にとっての民衆―」 研究代表
  • 平成22-24年度 日本学術振興会科学研究費補助金(若手研究B)「ドイツ民衆啓蒙運動による文化革命 -〈Volk〉と民衆文学の価値転換-」 研究代表

関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。