沈 ジヒョン

プロフィール

氏名 沈 ジヒョン  / Jihyun SIM
所属 外国語学部国際コミュニケーション学科
職名 特別任用外国人講師
専門分野 韓国語教育

最終学歴

  • 2000年2月 三育大学校保健福祉学部看護学科卒業(韓国)
  • 2007年3月 鹿児島国際大学大学院国際文化研究科修士課程国際文化専攻修了

取得学位

  • 修士(国際文化学、鹿児島国際大学)2007年

所属学会

  • 日本韓国語教育学会
  • 国際韓国語教育学会(韓国)

研究活動

最近は、韓国語と韓国の文化や社会を総合する教育の研究が関心事の一つとなっています。その関連での研究は以下の通りです

言語と文化を総合する教育
それぞれの言語は、長い歴史によって培われた文化的背景により成り立っており、言語を勉強するためには文化の理解も欠かせない。その視点から、実際に授業において韓国の文化に関するワークショップを取り入れ、受講生の学習効果について考察した。今後も映像資料やニュースなど具体的な教材を通した言語・文化教育へとの研究を深めたいと考えといる。

教育活動

[教育方法・内容の工夫]
「わかりやすく、双方向の授業」を心がけています。また、授業・授業外でも話しやすい雰囲気作りに気を配っています。

[作成した教科書・教材・参考書]
・日本Moodle用韓国語初級教材 2009年
・「完全韓国語初級Ⅰ」 共著 同学者 2015年

主要研究業績

主要論文
  • 言語と文化を統合する韓国語教育の試み―鹿児島大学における授業実践から―
    鹿屋体育大学外国語教育センター研究報告『言語と文化』第6号、19-32、2009
  • 韓国における大衆文化の一側面―大衆歌謡を中心に―  長崎県立大学『東アジアの若者の文化と社会意識の構築にICT(情報通信技術)の進展が与えた影響に関する実証研究』報告書、20-30、2012
  • 「韓国語学習者における誤りの訂正に対する意識調査-KELの日本人学習者を対象として-」『長崎外大論叢』第19号、2015

科学研究費補助金・その他の競争的研究経費

  • 平成21年度  韓国国際交流財団の教材開発助成金

社会活動

  • 「長崎さるく」お勧め5コース 翻訳、 長崎国際観光コンベンション協会、2013

関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。