佐々木 正徳

プロフィール

氏名 佐々木 正徳  / SASAKI Masanori
所属 外国語学部国際コミュニケーション学科
職名 准教授
専門分野 ジェンダー研究、韓国社会・文化論、文化人類学(教育人類学)

最終学歴

  • 2000年3月 北海道大学文学部人文科学科(歴史・人類学専修、日本文化論コース)卒業
  • 2002年3月 九州大学大学院人間環境学府修士課程(発達・社会システム専攻、教育学コース)修了
  • 2005年3月 九州大学大学院人間環境学府博士後期課程(発達・社会システム専攻、教育学コース)単位修得退学

取得学位

  • 博士(教育学、九州大学)、2008年

所属学会

  • 日本ジェンダー学会
  • 日本文化人類学会
  • 日本教育社会学会
  • 日本子ども社会学会
  • 韓国教育人類学会(韓国)

研究活動

韓国社会の男性性の動態について質的資料を中心に研究していく中で、義務兵役がもたらす影響が大きく、また避けて通れないトピックであると考え、事例の収集を行っている段階です。
また、合わせて東アジアの比較研究という視点から、日本・韓国・中国が同時に抱えている社会問題である「少子高齢社会」への人々の対応や考えについても研究を進めています。

テーマ1.「周縁的男性性と韓国のミリタリズム」
キーワード:男性性、ミリタリズム、ジェンダーの重層性

テーマ2.「韓国の男性性・軍事化・グローバライゼーション」
キーワード:男性性、マスキュリニティ、ヘゲモニー、グローバライゼーション、ローカライゼーション

テーマ3.「少子・高齢社会への対応についての比較研究~日本・中国・韓国でのライフ・ヒストリー調査から~」
キーワード:少子社会、高齢社会、育児観、老人観、子育て環境

教育活動

[教育方法・内容の工夫]
言語の習得のみに留まらず学習を通して韓国の文化、社会についても知識を深め、異文化との共生について主体的に考えられる学生の育成に努めている。
一方通行ではなく双方向の授業となるよう心がけている。

[作成した教科書・教材・参考書]
・『アジアのなかのジェンダー』(共著)ミネルヴァ書房、2012年
・『アジアから観る、考える:文化人類学入門』(共著)ナカニシヤ出版、2008年

主要研究業績

著書
  • 『アジアのなかのジェンダー〔第2版〕』(共著)ミネルヴァ書房、2015年
  • <教科書>『完全!韓国語初級Ⅰ』(共著)同学社、2015年
  • 『アジアのなかのジェンダー』(共著)ミネルヴァ書房、2012年
  • 『揺らぐサラリーマン生活―仕事と家庭のはざまで―』(共著)ミネルヴァ書房、2011年
  • 『現代韓国の家族政策』(共著)行路社、2010年
主要論文
  • 「男性運動団体参与者の事例から見た韓国の男性性」、『日本ジェンダー研究』9号、1-12頁、2006年
学会発表
  • 「韓国の労働市場と文化・ジェンダー」日本ジェンダー学会第12回大会(大阪女学院大学)、2008年
  • 「韓国における校長任用前研修の現状と課題」(共同)日本教育行政学会第42回大会(神戸大学)、2007年
評論
  • 「韓国ネット事情Ⅰ~Ⅳ」『子どもとメディア』創刊号~vol.3、2005年
報告書
  • 「中国の家族観、少子高齢化にどう対応するか~日・中・韓の視点から~」(共著)2005年度アミカス市民グループ活動支援事業・国際交流ネットワーク支援事業報告書、2006年

科学研究費補助金・その他の競争的研究経費

  • 平成23年度~25年度(予定) 文部科学省科学研究費補助金(若手研究B)「韓国の男性性とミリタリズム―周縁的兵役参与者の語りから紡ぐジェンダーの重層性」
  • 平成19~20年度 文部科学省科学研究費補助金(若手研究B)「マスキュリニティ・クライシスを経験した韓国男性の男性性に関する実証的研究」研究代表者

社会活動

  • 2012年3月 フォーラム『京都から創ろう環境文学環境アート』における研究報告会「日本文化研究国際会議1972年の論点、その後の論点」にて報告者として「アジアからのまなざし-韓国を中心に」という題目で報告。(於:同志社大学)

関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。