松岡 雄太

プロフィール

氏名 松岡 雄太  / MATSUOKA Yuta
所属 外国語学部国際コミュニケーション学科
職名 准教授
専門分野 言語学・韓国語学

最終学歴

  • 2001年3月 千葉大学文学部日本文化学科卒業
  • 2003年3月 九州大学大学院人文科学府修士課程修了
  • 2008年3月 九州大学大学院人文科学府博士後期課程修了

取得学位

  • 博士(文学、九州大学)2008年

所属学会

  • 日本言語学会
  • 朝鮮学会
  • 日本モンゴル学会
  • 満族史研究会
  • 韓国アルタイ学会
  • 国語学会(韓国)
  • 訳学書学会(韓国)
  • 九州・シルクロード協会

研究活動

  1. 東アジア言語のテンスとアスペクトの研究
    韓国語、モンゴル語、満洲語といった東アジア言語を対象に、「テンス」(日本語の「食べる」と「食べた」の違いに相当)と「アスペクト」(日本語の「食べる」と「食べている」の違いに相当)が、通時的にどのように変化してきたのかを明らかにするものです。近年は、主にモンゴル語を対象に、現地調査や文献調査をしています。
  2. 朝鮮司訳院訳学書の研究
    朝鮮時代の朝鮮半島には、周辺諸国の言語、すなわち、中国語、モンゴル語、女真語(のちに満洲語)、日本語の四つの言語を教育し、通事を養成する機関がありました。この機関を「司訳院」といい、ここで編纂した教材を「訳学書」といいます。これまでは、このうちのモンゴル語教材(蒙学書)を対象に、その編纂過程とモンゴル語から朝鮮語への翻訳について明らかにしてきました。今後は以下の3)と関連して、満洲語教材(清学書)を調査していきたいと思っています。
  3. 長崎唐通事の満洲語の研究
    江戸時代の長崎には、中国語の翻訳や通訳をはじめとする、中国人との間のさまざまな業務を担当した「唐通事」と呼ばれる人々がいました。この「唐通事」は、19世紀初に幕府からの命により、満洲語を学習することになるのですが、その成果として満洲語の辞典を編纂しました。現存するこの満洲語辞典を分析することによって、彼らはこの辞典をどのようにして編纂したのか、満洲語をどのくらい理解していたのか、この辞典から言語学的にどのようなことが言えるのか、といったことを明らかするものです。

教育活動

[教育方法・内容の工夫]
「わかりやすい授業」と「楽しい授業」になるように心がけています。

[その他特筆すべき事項]
アドバイザー業務、短期留学生指導

主要研究業績

主要論文
  • 司訳院蒙学書の朝鮮語、福岡大学人文論叢41-1、341-372、2009
  • モンゴル語のアスペクトに関する研究、博士論文、2008
  • 満洲語の“-ha bi-”と“-me bi-”、満族史研究5、28-54、2006
  • 蒙学三書の編纂過程―“語套”の観点から見た“蒙文鑑”―、日本モンゴル学会紀要36、35-47、2006
  • 《蒙語老乞大》의 重刊에 관한 一考察、国語学46、355-377、2005
  • 《捷解蒙語》와 満洲語資料의 関係、알타이학보15、55-70、2005

科学研究費補助金・その他の競争的研究経費

  • 平成21-23年度 科学研究費補助金(若手研究B)「モンゴル語のテンス・アスペクトについての通時的研究」研究代表

社会活動

  • 平成25年度 教員免許状更新講習 講師 (講習名:現代韓国の言語と文化)
  • 平成25年度 放送大学長崎学習センター 講師 (科目名: 基礎韓国語)

関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。