小鳥居 伸介

プロフィール

氏名 小鳥居 伸介  / KOTORII Shinsuke
所属 外国語学部国際コミュニケーション学科
職名 教授
専門分野 文化人類学

最終学歴

  • 1985年3月:広島大学総合科学部総合科学科卒
  • 1989年3月:九州大学大学院教育学研究科教育文化人類学専攻修士課程修了
  • 1992年3月:九州大学大学院教育学研究科教育文化人類学専攻博士後期課程中途退学

取得学位

  • 修士(教育文化人類学、九州大学)1989年

所属学会

  • 日本文化人類学会
  • 東南アジア学会

研究活動

  • 最近は、東南アジアにおける開発援助の社会・文化的影響に関する研究が関心事の一つとなっています。その関連での研究は以下の通りです。
  1. 東南アジア諸国における参加型社会開発の諸事例について比較研究している。これまでにカンボジア、インドネシア、東ティモールでの開発援助に携わるNGO諸団体の現地調査を行ってきた。
  2. 開発援助研究の一環として、NGOや個人が実践するフェアトレードの諸事例について現地調査、文献調査に携わっている。

教育活動

[教育方法・内容の工夫]
授業ではなるべく現地調査時に撮った写真やビデオを使い、学生の関心を喚起するようにしている。また、授業内での受講者による討論や意見発表も行っている。

[作成した教科書・教材・参考書]
片山隆裕編著『アジアの文化人類学』ナカニシヤ出版(1999年)、片山隆裕編著『アジアから観る、考える 文化人類学入門』ナカニシヤ出版(2008年)、以上2冊を共著で出版した。

主要研究業績

著書
  • 片山隆裕編著『アジアの文化人類学』ナカニシヤ出版、1999年(共著)
  • 片山隆裕編著『アジアから観る、考える 文化人類学入門』ナカニシヤ出版、2008年(共著)
主要論文
  • 「東南アジア諸国における参加型社会開発に関する比較研究(1) カンボジアの事例から」長崎外大論叢第11号(69-78頁)、2007年12月
  • 「東南アジア諸国における参加型社会開発に関する比較研究(2) インドネシアの事例から」長崎外大論叢第12号(25-38頁)、2008年12月
  • 「フェアトレード試論 開発援助との比較の視点から」長崎外大論叢第14号(33-50頁)、2010年12月

科学研究費補助金・その他の競争的研究経費

  • 平成18~20年度 長崎外国語大学学内研究奨励費 個人研究

社会活動

  • 2007年6月~ JVC(日本国際ボランティアセンター)九州 アドバイザー
  • 2010年1月~ LINC(長崎から国際協力) アドバイザー

関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。