小西 哲郎

プロフィール

氏名 小西 哲郎 / KONISHI Tetsuro
所属 外国語学部 国際コミュニケーション学科
職名 教授
専門分野 キリスト教学,宗教社会学

最終学歴

  • 1992年3月 同志社大学 神学部 卒業
  • 1999年3月 同志社大学 大学院 神学研究科 聖書神学専攻(博士前期課程) 修了
  • 2013年3月 同志社大学 大学院 神学研究科 歴史神学専攻(博士後期課程) 満期退学

取得学位

  • 修士(神学,同志社大学)1999年

所属学会

  • 日本宗教学会
  • 日本基督教学会

研究活動

社会における宗教信仰の機能を,連合国占領下の日本で永井隆(ながい・たかし)がはたした役割を中心に研究しています。長崎の原爆についての永井の宗教的言説(「原爆投下は神の摂理」)をめぐって,この発言の背後にあった社会的状況や永井が政治的に利用されていくプロセスをを検討し,宗教信仰および宗教的言説の社会的機能についてあきらかにしたいとおもっています。

教育活動

[教育方法・内容の工夫]
学習における「音読」や「暗唱」の重要性が近年再評価されつつありますが,たとえば「キリスト教学」では聖書のテキストを音読することを重視し,また「主の祈り」や「詩編23」等の最重要箇所については,文字どおりこれを身につけるため,暗唱を指導しています。(ちなみに,これは「生命は聖書そのものにあり」,「聖書そのものを読むべし」といった内村鑑三(うちむら・かんぞう)の方針でもあります。)

主要研究業績

著書
  • 石川立・中村信博・越後屋朗 編(2006)『聖書 語りの風景: 創世記とマタイ福音書をひらいて』キリスト新聞社(共著)
  • (1999)『小西哲郎 説教集Ⅰ』日本基督教団 宇治教会
主要論文
  • “The Original Manuscript of Takashi Nagai’s Funeral address at a Mass for the victims of the Nagasaki Atomic Bomb.” The Journal of Nagasaki University of Foreign Studies 18 (December 2014): 55-68.
  • (2012)「永井隆はいかにしてカトリック信者となったか」『長崎外大論叢』16, 73-86.
  • (2011)「核の『平和利用』と永井隆」『長崎外大論叢』15, 29-44.
翻訳
  • G.リューデマン 著,橋本滋男 訳(2001)『イエスの復活』日本基督教団出版局(翻訳協力.原著 G. Luedemann, A. Oezen, Was mit Jesus wirklich geschah, Die Auferstehung historisch betrachtet, Radius-Verlag, 1995.)

社会活動

  • 長崎キリスト教協議会 運営委員(2006年4月-2009年3月,2010年4月-2013年3月)
  • 日本基督教団 長崎馬町教会 副牧師(2009年6月-2010年6月)

関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。