川崎 加奈子

プロフィール

氏名 川崎 加奈子  / KAWASAKI Kanako
所属 外国語学部国際コミュニケーション学科
職名 准教授
専門分野 日本語教育・日本語ブルガリア語の対照研究

最終学歴

  • 1988年3月  津田塾大学学芸学部国際関係学科卒
  • 2008年3月  放送大学大学院文化科学専攻科修士課程修了

取得学位

  • 修士(学術、放送大学)2008年

所属学会

  • 日本語教育学会
  • 専門日本語教育学会
  • グローバル人材育成教育学会

研究活動

  1. ブルガリア語の過去受動分詞とそれに対応する日本語の対照分析
  2. 日本語形容動詞のコロケーション分析
  3. 複合動詞の意味分析とコロケーション分析
  4. CBIに基づく学生活動型授業実践
  5. 落語を取り入れたコミュニケーション活動の授業

教育活動

[教育方法・内容の工夫]
初級:基礎を確実に。楽しく。中級:語彙を増やす、自信を持って話す。上級:自分の頭で考える

<授業例>
(1)2011年度春学期「上級総合日本語Ⅰ」(「情報日本語Ⅰ」とのコラボ授業)
「留学生のための防災マニュアル」
※3年生が後輩へのアドバイスとして作成したプレゼンテーション資料

(2)2013年度秋学期「上級総合日本語Ⅱ」
「大学をやめたい留学生へのアドバイス」1   「大学をやめたい留学生へのアドバイス」
※3年生が後輩へのアドバイスとして作成したプレゼンテーション資料

[作成した教科書・教材・参考書]
・「ことばの風景(2)」鹿屋体育大学(非売品) 執筆協力、
・ブルガリア人用初級文型スキット集(非売品)
・日本語初級~長崎トピックによる例文集~(非売品)

主要研究業績

著書
  • 日本語コロケーション辞典」(2012.11)姫野昌子監修 執筆
主要論文
  • ブルガリア語の過去受動分詞と日本語の対照研究、鹿屋体育大学論集『言語と文化』第6巻、13-28、2008
  • 同上、長崎外国語大学大学論集14、19-32、2010
    類義語のコロケーション比較一例~「永遠」と「永久」~、長崎大学留学生センター紀要第19号、75-83、2011
  • 震災年における『日本事情』-ニュースを使った聴解授業の報告-、長崎大学留学生センター紀要第20号、79-86、2012
  • 学習者の協働における教師の介入-内容重視の教育でいかに言語指導を行うか-、長崎外国語大学論叢16、37-44、2012 (共同執筆者:近藤有美)
  • 「落語」と「グローバル人材育成」-伝える力を養う教材としての落語の可能性-、長崎外国語大学論叢18、41-54、2014
  • 地方の伝統祭礼を通した総合日本語クラスの実践、イマxココNo.3、84-99、2015、(共同執筆者:近藤有美)
  • 留学生を情報弱者たらしめるものの実態-留学生による防災情報収集活動での事例の分析を通して-、言語文化教育研究 第13巻、188-133、2015、(共同執筆者:近藤有美)
学会発表

関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。