Menu

入試情報サイト

推薦入試

勉学態度と意欲の面からみて、大学で学ぶ能力を有すると高等学校から推薦された人を対象とする「指定校制」「一般公募制」「専門高校」推薦入試。
これまでに身につけた多様な能力を、自ら客観的に分析し、表現できる人を対象とする「自己推薦入試」を設定しています。

推薦入試の種類

種類 内容 試験科目
専願 指定校制 在籍高校が指定校かどうかは、担当の先生または入試広報課
までお問い合わせください。
また、出願に際しては高校の先生の指示に従ってください。
小論文
面接
一般公募制 指定校となっていない高校からも受験できます。
1浪まで受験できます。
課題作文
面接
専門高校 専門高校とは商業高校、工業高校など職業教育を主として
行う高校および総合学科の高校などを指します。
その特色に配慮した入試方法です。1浪まで受験できます。
課題作文
面接
併願 自己推薦 3月に設定されている推薦入試で、責任を持って自らを
アピールできる人が出願できます。
自己推薦入試出願前に当該年度の入試制度に出願したこと
があれば、検定料は免除されます。
面接

推薦入試について

  • 学業成績や特別活動(ホームルーム活動・生徒会活動・クラブ活動・学内行事)への参加状況なども評価の対象になります。
  • 一般公募制および専門高校推薦入試は、2017年3月以降に卒業した人も受験できます。調査書は、全体評定平均値を50点満点に換算します。
  • 英検やTOEICなど、語学関係の資格・スコアも評価の対象となります。合格証明書や成績通知書などのコピーを提出してください。

 


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。