Menu

入試情報サイト

秋季入学入試

秋季入学入試 募集人員

2018年10月に入学する入試です。
一般入試と特別入試があります。
特別入試は海外帰国生徒特別入試、社会人特別入試、外国人留学生特別入試があります。

現代英語学科 国際コミュニケーション学科
一般入試 若干名 若干名
特別入試 社会人
海外帰国生徒
外国人留学生 AO(国内)
AO(国外)

一般入試

出願資格

次の各号のいずれかに該当する人

  1. 高等学校または中等教育学校を卒業した人、および2018年9月30日に卒業見込みの人。
  2. 2.通常の課程における12年間の学校教育を修了した人、および2018年9月30日までに修了見込みの人。
  3. 学校教育法施行規則150条の規定により、高等学校を卒業した人と同等の学力があると認められる人、および2018年9月30日までにこれに該当する見込みの人。
  4. 本学における個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した人と同等以上の学力があると認められた人で、2018年9月31日までに18歳に達する人。

※ 4.により出願を希望する人は、原則として2018年4月30日までに本学において個別の入学資格認定を受ける必要があります。詳細は入試広報課までお問合せください。

選抜方法

学力検査の成績(英語)と面接により合否を判定します。調査書および語学関係の資格・成績(日本英語検定協会実用英語技能検定、全国商業高等学校協会英語検定、TOEIC、TOEFLなど)も参考資料とします。

試験教科 試験科目 配点 時間
外国語 英語
[コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・
コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ]
100点 60分
面  接 50点 15分程度

入試日程

出願期間 2018年6月1日(金)~ 6月29日(金)(締切日消印有効)
※窓口の受付時間は月~金曜日の午前9時~午後5時です(祝祭日を除く)。
試験日 7月7日(土)
合格発表 7月13日(金)10時  本学
入学手続期間 7月13日(金)~ 8月10日(金)

試験時間

受付時間  9:20 ~  9:40
ガイダンス  9:50 ~  9:55
英語 10:00 ~ 11:00
面接 11:10 ~

試験会場

長崎 本学 長崎市横尾3-15-1 095-840-2022

社会人特別入試

5年以上の社会人としての経験(主婦などを含む)を有する人を対象とする入試制度です。60歳以上の方や本学のプロジェクト科目などに積極的に参加してくれる方など、基準を満たした合格者には授業料を免除します。

出願資格

2018年9月30日現在23歳以上で、5年以上の社会人の経験(主婦などを含む)があり、次の各号のいずれかに該当する人

  1. 高等学校または中等教育学校を卒業した人。
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した人。
  3. 学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した人と同等の学力があると認められる人、および2018年9月30日までにこれに該当する見込みの人。
  4. 4.本学における個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した人と同等以上の学力があると認められた人。

※ 4.により出願を希望する人は、原則として2018年4月30日までに本学において個別の入学資格認定を受ける必要があります。詳細は入試広報課までお問合せください。

《注》定時制、夜間、通信制以外の学校の在学期間は社会人の経験期間に含みません。

授業料全学免除  対象者

※ 4年間で240万円が免除されます(1・2年次は各59万円、3・4年次は各61万円)
上記出願資格を有する人のうち、次の(ア)(イ)いずれかの条件に該当する人。
(ア)2017年3月31日現在、60歳以上の人で、生涯学習に強い意欲のある人。
(イ)プロジェクト科目などの体験型授業や、大学が行うさまざまな事業の必要に応じて、ご自身の経験を生かしたアドバイスをするなど、貢献ができる人(どのような貢献が可能か、社会人特別入試エントリーシートの提出が必要です)。

授業料半額免除  対象者

※ 4年間で120万円が免除されます(1・2年次は各29.5万円、3・4年次は各30.5万円)
上記出願資格を有する人で、(ア)(イ)のいずれにも該当しない人。

プロジェクト科目

プロジェクト科目とは、通常の授業とは異なり、学生が主体となって特定の課題に取り組み、グループ活動やフィールドワークを通じて、社会の仕組みや現実を実践の場で学び、その成果を発表するものです。

プロジェクト例: 「国際交流サロン」「ヒューマンライブラリー」「ボキャブラリーコンテスト」「こんなところに外大生」など

選抜方法

小論文、面接の成績および志望理由書、調査書(または成績証明書)などの書類を参考にして総合的に合否を判定します。語学関係の資格・成績(日本英語検定協会実用英語技能検定、全国商業高等学校協会英語検定、TOEIC、TOEFL等)も参考資料とします。

配点 時間
小論文(800~1200文字) 50点 120分
面接 50点 30分程度

入試日程

出願期間 2018年6月1日(金)~ 6月29日(金)(締切日消印有効)
※ 窓口の受付時間は月~金曜日の午前9時~午後5時です(祝祭日を除く)。
試験日 7月7日(土)
合格発表 7月13日(金)10時  本学
入学手続期間 7月13日(金)~ 8月10日(金)

試験時間

受付時間 9:20~9:40
ガイダンス 9:50~9:55
小論文 10:00~12:00
面接 12:10~

試験会場

長崎 本学 長崎市横尾3-15-1 095-840-2022

海外帰国生徒特別入試

出願資格

日本の国籍を有する人、または日本に永住する外国人、およびそれに準ずる人(出入国管理および難民認定法による)で、次の各号のいずれかに該当する人

  1. 外国の高等学校に1年以上継続して在学し、外国の高等学校を2016年4月1日から2018年9月30日までに卒業(修了)した人、および卒業(修了)見込みの人。
  2. 外国の高等学校に1年以上継続して在学し、日本の高等学校(中等教育学校を含む)を2016年4月1日から2018年9月30日までに卒業した人、および卒業見込みの人。
  3. 通算6年以上、または継続して4年以上外国で教育を受け、帰国後、日本の高等学校(中等教育学校を含む)を2016年4月1日から2018年9月30日までに卒業した人、および卒業見込みの人。
  4. 国際バカロレア資格やアビトゥア資格、または、バカロレア資格(フランス共和国)やジェネラル・サーティフィケート・オブ・エデュケーション・アドバンスと・レベル資格を2016年4月1日から2018年3月31日までに取得した人、および取得見込みの人で2018年3月31日までに18歳に達する人。
  5. 上記1から4と同等以上の資格があると本学が認めた人。

※外国の高等学校には、文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程、または相当する課程を有するものとして指定・認定した在外教育施設を含む。

選抜方法

小論文、面接の成績および志望理由書、調査書(または成績証明書)などの書類を参考にして総合的に合否を判定します。
語学関係の資格・成績(日本英語検定協会実用英語技能検定、全国商業高等学校協会英語検定、TOEIC、TOEFL等)も参考資料とします。

配点 時間
小論文(800~1200文字) 50点 120分
面接 50点 30分程度

入試日程

出願期間 2018年6月1日(金)~ 6月29日(金)(締切日消印有効)
※窓口の受付時間は月~金曜日の午前9時~午後5時です(祝祭日を除く)。
試験日 7月7日(土)
合格発表 7月13日(金)10時  本学
入学手続期間 7月13日(金)~ 8月10日(金)

試験時間

受付時間  9:20 ~   9:40
ガイダンス  9:50 ~   9:55
小論文 10:00 ~ 12:00
面接 12:10 ~

試験会場

長崎 本学 長崎市横尾3-15-1 095-840-2022

外国人留学生特別入試(概要)

外国人留学生特別入試については、別途「外国人留学生特別入試募集要項」を請求し、内容をよく確認のうえ出願してください。

出願資格

入試種別 出願資格
AO
(国内)
日本国籍を有しない人で、次の1.2.3.4の条件を満たす人

  1. 次のいずれかに該当する人
    ①外国において、学校教育12年の課程を修了した人および本学入学までに修了見込みの人、またはこれに準ずる人で文部科学大臣の指定した人(注)、または本学においてこれと同等以上の資格を有すると認めた人。
    ②国際バカロレア資格、または、アビトゥア資格やバカロレア資格(フランス共和国)やジェネラル・サーティフィケート・オブ・エデュケーション・アドバンスと・レベル資格を取得した人で、本学入学時までに18歳に達する人。
  2. 以下の条件に該当する人で、本学(日本)で実施する試験を受験できる人。
    ①日本国際教育支援教会と国際交流基金が主催する「日本語能力試験」N2以上に合格した人。
    ②日本学生支援機構「日本留学試験(日本語)」で240点以上の人。
    ③または、①②に相当する日本語能力を有すると認められる人。
  3. 原則として、出願時に最終学校卒業後5年以内の人で、本学入学時に「留学」の在留またはそれに類する在留資格を取得できる人。
  4. 提出書類に不備のない人。
(注)「文部科学大臣の指定した人」とは、
  • 外国において、学校教育のおける12年の課程を修了した人と同等以上の学力があるかどうかに関する認定試験であると認められる当該国の検定(国の検定に準ずるものを含む。)に合格した人で、本学入学までに18歳に達する人。
  • 外国において、高等学校に対応する学校の課程を修了した人(これと同等以上の学力があるどうかに関する認定試験であると認められる当該国の検定に合格した人を含む。)で、文部科学大臣が別に定めるところにより指定した我が国の大学に入学するための準備教育を行う課程等において当該課程を修了し、本学入学までに18歳に達する人。
AO
(国外)
日本国籍を有しない人で、次の1.2.3.4の条件を満たす人

  1. 外国において、学校教育12年の課程を修了した人および修了見込みの人。
  2. 以下の条件に該当する人。
    ①日本国際教育支援教会と国際交流基金が主催する「日本語能力試験」N2以上に合格した人。
    ②日本学生支援機構「日本留学試験(日本語)」で240点以上の人。
    ③または、①②に相当する日本語能力を有すると認められる人。
  3. 原則として、出願時に最終学校卒業後5年以内の人。
  4. 提出書類に不備のない人。

選抜方法

筆記試験(日本語)と面接の成績の他、提出書類(「日本語能力試験」「日本留学試験」など)があれば、その結果も参考にして総合的に合否を判定します。日本語以外の専修言語を志望する人には、日本語に加えて志望専修言語の能力を問うことがあります。


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。