〔公開講座〕現代ドイツのミステリー小説

―フェルディナント・フォン・シーラッハの世界―

日時 2021年2月14日(日) 10:30~12:00
受講方法 Web会議ツール『Zoom』を使用します※ 【参加無料/要予約】
概要 弁護士にして作家という異色の経歴を持つフェルディナント・フォン・シーラッハ(1964- )の小説は、30か国以上で翻訳され、ベストセラーとなっています。
短編集三部作『犯罪』・『罪悪』・『刑罰』を中心に、人々の犯す罪をとおして
善悪の判断の難しさを簡潔な文体で描き出すシーラッハ文学の魅力をお伝え
したいと思います。
講師 村上 浩明 (長崎外国語大学 外国語学部国際コミュニケーション学科講師)
【講師略歴】
2010年3月九州大学大学院人文科学府博士後期課程満期退学(独文学)。
西九州大学、久留米高専、福岡教育大学、九州大学、福岡大学、佐賀大学、
九州産業大学等の非常勤講師を経て、2018年より現職。
専門は近代ドイツ文学。とりわけプラハ生まれのドイツ語作家フランツ・カフカ
(1883-1924)の作品について研究している。
申込方法 2月10日(水) 17:00までに、専用フォームにてお申し込みください。
主催 長崎外国語大学 社会連携センター
お申込みから受講までの流れ(手順)
  1. 本学ホームページから申し込む
    →社会連携センターから受付確認及び参加用URL等が記載されたメールをお送りします。
  2. 当日、参加用URLをクリックもしくはミーティングIDを入力して公開講座へ参加
    (開講の約15分前から接続できます)

※ 参加費は無料ですが、必要な機材や通信費は受講者負担となります。

お問合せ先

社会連携センター
〒851-2196 長崎市横尾3-15-1
TEL; 095-840-2006  FAX; 095-840-2206
E-Mail; renkei@tc.nagasaki-gaigo.ac.jp


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。