公的研究費の管理・監査体制

公的研究費の不正防止への取り組みに関する方針等の公表について

1. 方針

長崎外国語大学では、文部科学省科学技術・学術審議会研究活動の不正行為に関する特別委員会報告「研究活動の不正行為への対応のガイドラインについて」(平成18年8月8日)及び「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日付け文部科学大臣決定)を踏まえ、「長崎外国語大学における公的研究費の管理・監査体制方針」を定め、現実的でより実効性のある管理運営体制の充実、強化を図るとともに、公的研究費の適正な使用を徹底することに努めてまいります。

2. 研究費の使用に関する行動規範

長崎外国語大学では、研究活動における経費の使用にあたって、いかなる不正も防止するために、本学の教職員は以下の指針にしたがって行動する。

  • 研究活動のための経費は、学生納付金、あるいは国民の税金による公的資金および寄附金等を原資とすることを十分認識し、社会的な信頼に応えるよう、その使用にあたる。
  • 研究費の使用にあたっては、関連する法令、関係規則および学内の諸規則を十分にわきまえ、それらを遵守する。
  • 研究費の不正使用を防止するために、つねに実効性があり、かつ透明性の高い管理・監視体制を整備することに努める。
  • 不正が行われたこと、または行われつつあることを知りえたときは、それを黙過しない。
  • 研究者と事務職員は、研究費の適正な使用のために、相互の理解に努める。

3. 公的研究費の不正使用に係る公益通報窓口について

長崎外国語大学は、公的研究費の不正使用に関する申し立てを受け付けるために公益通報窓口を設置しています。

【窓口の設置場所】学校法人長崎学院 法人総務課
【通報の受付】 電話、電子メール、書面、面会により受け付けています。
電話:095-840-2000
電子メール:soumu@tc.nagasaki-gaigo.ac.jp
郵送先:〒851-2196 長崎県長崎市横尾3-15-1
学校法人長崎学院 法人総務課 公益通報窓口 宛

※ 情報を正確に把握するため、通報の際は以下の様式をご使用ください


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。