3. 学士課程教育の質保証への取組み強化

目的

学士課程教育の質保証への取り組みを加速することによって、グローバル化が進む世界において、日本人として主体的に物事を考え、言語、文化、価値観の異なる人びとに自分の考えを効果的に伝え、その差異を乗り越えてお互いを理解し、新しい価値を生み出すために一致協力して行動に踏み出すことができる人材を社会に送り出す。

目標

昨今の学士課程教育においては、全学教育や初年次教育といったことばにみられるように、専門分野の前段階となる基礎教育や学問分野を超えた普遍的・基礎的な能力(ジェネリック・スキルあるいはコ ンピテンシーなど)の育成が強調されるようになってきた。中教審の答申などにおいても、学士課程教育の体系性について、「学問的な知識の体系性という観点からのみ」考えるのではなく、「当該大学の人材育成の目的等に即した」上で、「専攻分野の学習を通して、学生が<学習成果>を」獲得できるといった観点から、学士課程教育の体系性を考える必要性を強調している。
また、かかる教育課程の出口においてはその質保証の担保が求められており、「何ができるようになる」 のかが実質化されている教育課程でなければならない。こうした点に鑑み、本学においては、建学の精神という大学の使命を明確にした上で、幅広い教養を培うとともに、高い公共性や倫理観を持ち、専門 的知識を養い、広く社会の安定・発展・創造に貢献する意欲・能力を育成できる教育目標を設定し、これに基づく体系的な学士課程教育の編成に持続的に取り組む。

改革のポイント

(1)「何ができるようになるか」の観点から、ディプロマ・ポリシー(Diploma Policy)および学位授与の方針を具体化・明確化すること。
(2)学位授与の方針に則った、「学習成果」達成に向けた体系的・一貫性ある教育課程を構築し、また学修評価の在り方を策定すること。(カリキュラム・ポリシー(CP);カリキュラム・マップ(CM); カリキュラム・フローチャート(CFC)の作成)
(3)豊かな人間性や課題探究・解決能力などを育む、幅広い学びに配慮した教育課程を編成 すること。また、キャリア教育が適切に教育課程の中に位置づけられること。
(4)学士課程教育における基礎教育(単純に教養科目という意味ではなく)の重要性を教職員間で共通認識とすること。
(5)学士課程教育の質保証を担保するために必要な具体的・実質的方策を機能させること。
*学生の学修時間の実質化をはかるための教育方法や内容の点検・見直しを行うこと。
*多様な授業科目の成果を評価できる、弾力的かつ厳正な成績評価基準を明確化すること。
(シラバス・フォームの徹底;コース・ディスクリプションの設定;GPA 制度の確立;
CAP 制度;教育課程における履修の順次性を明示するナンバリングや履修要件の設定;ルーブリッ クの効果的活用;アカデミック・カレンダーの検討;教育効果の観点からのフレキシブルな学修時間設定;語学教育における目標設定と到達度評価;卒業認定試験の導入など)
(6)体系的・組織的な学士課程教育の質保証に必要な情報を共有するために、FD(ファカルティ・デベロップメント)を実施すること。また、学士課程教育編成に関して外部評価意見を取り入れること。

実現のためのプロジェクト

(1)DP、CP など学士課程教育の編成を構築する際に必要な、教育目標プログラム策定のためのプロジェ クト
(2)教育目標の達成に適う、一貫性ある教育課程の内容・方法の明確化および実施のための教育組織の整備プロジェクト
(3)全学教育、初年次教育といった基礎教育、および語学教育に関する教育プログラムを検討する教育企画プロジェクト
(4)体系的・組織的な学士課程教育の編成に持続的に取り組み、学生の学ぶ意欲を高め学修成果へと確実につなげる教育方法の工夫・改善に取り組む FD推進プロジェクト


関連のあるお知らせ

現在、関連のあるお知らせはありません。